2017年07月07日

自宅外壁のリフォームの見積りが到着。まぁ想定範囲内の金額ではあるけれど・・・

先日業者さんに依頼をした、自宅の外壁の塗装の見積り。

現状は
外壁:モルタル塗り+弾性リシン吹付仕上げ
屋根:カラーベストコロニアル葺き

リフォーム時の外壁塗装が水性シリコン、屋根が溶剤型のシリコンになってます。まぁ、一般的な仕様のものと認識してます。

そのお値段・・・

120まんえんナリ・・・www

足場とかも要りますから正直そんなものだろうと思います。

希望金額は2ケタですけど・・・

ま、ま、とりあえずはこれでOK。

なぜなら、金融機関用に具体的な数字が欲しかっただけなので。
    ・
    ・
    ・
    ・
で、某信用金庫の担当者に電話して聞いてみました。

「外壁のリフォームの費用なんですけど、住宅ローンの金額増やして借入可能ですかね?」

多分、今の住宅ローン金利って、この日本の一般市民が関係する中だと「銀行の預金金利」に次いで安い金利。

リフォームローンだって、やっぱり住宅ローンに比べると金利は高いです。まして住宅ローンと併用して支払うと家計にも負担。

リフォームローン.JPG
▲一般的に安いと言われるネット銀行でもこの金利

それなら住宅ローンの金額増やして借り入れることが出来れば、住宅ローンとリフォームローンを一本化して支払い出来る。

「そんなこと出来るんかなぁ〜」って自分でも考えてたんですけど、よくよく考えると、住宅ローンの借り換えの時って、借換費用を計上して借入金額を増やすことが出来るんだから、タイミング次第(例えば借り入れの再契約とか)では出来る・・・はず。

もっとも借換費用はそのまま金融機関への支払いなのと違って、工事費用になると工事店への支払いになるという大きな違いはあるけど、住宅ローンの再契約っていう形なら金融機関は手数料は手に入るし、マイナス金利の今のご時世、融資額が増えるわけだし。

正直、そんな面倒な事しなくても現金で支払える額なんですけど、来年には長男の高校進学があり、学費に少しでも残しておきたいという思いもあります。

そうしたら案の定「一般的にはリフォームローンの扱いになります」ですって(--;)・・・やっぱりかぁ

でも、そこは地元の信金さん。「とりあえず方法がないか探ってみます。」と言ってもらえました。大きな銀行とは違い柔軟に対応してくれます。

借換の時にも思ったけど、やっぱり金融機関との駆け引きって面白いかも。

ダメならダメでいいし、OKならOKで支払いの選択肢が増えるから嬉しい。

どんな返答が来るのか楽しみだけど、ダメならダメでこの続編はないし、OKならOKでまた続編にしてみたいと思います。

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 18:30 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

先月は米国ETFを買いました

先月からアメリカのETFを買いだしました。

銘柄は PFF「iシェアーズ米国優先株式ETF」 です。

高配当・・・(ETFなので高分配と言うべきなのかもしれませんけど)で結構いろんなサイトで紹介されてますね。難しい事はよくわからないのですが、そんな私が買おうと思えた理由が、いろんなサイトにはそれなりにわかりやすく紹介されていますので、参照していただければいいと思います。

積立.png

一番敷居が高いなぁ〜って思うのが買い付けの手数料。

アメリカ株の取り扱いで定評のあるマネックス証券や、マネックス証券に追随するSBI証券では軒並み5ドル程度の手数料が必要になるみたいです。5ドルと言うと今110〜112円として、550〜560円の手数料。

ネット証券で投資というものを始めて、100円台の手数料が当たり前と思ってた私にはやっぱり高いですよ。NISA口座なら株式の売買手数料無料だし。

おまけに外貨への為替手数料も必要。10年前の外貨預金のことを思い出すと、どうしても高いというイメージが付いて回り、拒絶反応があります。


でも、NISA口座を開設するSBI証券ではアメリカ株式の買付側のみですけど手数料無料なんですね。

しかもどうしてもネックになる為替手数料もSBI銀行の外貨積み立てを利用すると5銭。為替手数料5銭とか言ったら、実際ないようなもんですよ、手数料。普通に5銭とかなら変動の範囲内でしょ。

5銭.JPG

積立じゃなくて普通に外貨買い付けでも15銭。15銭くらいなら1000ドル買っても150円。ペットボトルのお茶を買うこと思えば安い安い。つか、お茶ごときで150円とか高すぎ・・・。

じゃあ、NISA口座が終わったらどうすんの?ってとこですけど、そのときは特定口座へ移行して分配だけをいただく。・・・ただそれだけ。

でもETFに限らず外国株の配当とかって海外でも課税、国内でも課税になって2重課税になるみたいですね。

これも、今まで手を出さなかった要因の一つなんですけど、確定申告すれば国内分?が返ってくるらしいですね。

確定申告すれば2重課税したものを返しますよなんていうぐらいなら、ガソリンとかの多重課税何とかしろ!!ビールとかの酒類もそうじゃないですかね?

まぁ、このあたりはそのうち研究の課題として、実際そのうち情報がでてくると思うし・・・どこまで行っても他力本願な私。すべてがクリアになってからでは時間ばかりが過ぎていく・・・

買いだしたのが先月だからまだまだだけど、徐々に外貨を積み立てながら高配当の恩恵を受けられるようにしたいなぁ。

果していつになるやらわからないけど・・・。
お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



タグ:米国ETF PFF
posted by たなぼた at 12:21 | Comment(0) | 投資商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

端株でも配当金は貰えます〜兼房〜

1株12.5円の配当で、単元未満株20株保有で250円の配当収入です。

兼房.jpg

こちらの会社は東証2部銘柄でして、1部昇格狙いもありもう少し保有するつもりだったのですが、優待もなく配当も2.5%位と決して高配当とは言えず売却です。

ただ、自己資本比率は83.8%、有利子負債0と財務上では優秀ですし、資金に余裕がある人なんかは気長に持ってみるのもいいんじゃないかと思ったりしてます。

先ほども触れました1部への昇格の話ですけど、もちろん一部上場に昇格するためにはそれなりの条件がありますが、株主優待でクオカードでもつけたらすぐにでも昇格対象になりそうな気がするんですけどね。

こうしてみると、買い増そうと思える銘柄とそうでない銘柄、何か自分の中でボーダーがあるような気がします。

〜追記〜
1部昇格条件として、株主数というものがあります。1部昇格の株主数は2200人必要なのですが、29年3月31日時点で2105名となっています。他にも流通量などの条件もありますが、1部昇格へは意外と早いかもしれませんね。

バリューコマース 60円
アルバイトタイムス 700円
セブン銀行 237円
マネックスグループ 260円
みずほFG 375円
ハードオフ 200円
日本バルカー 135円
Gテイスト 50円
丸三証券 1504円
国際計測器 750円
寺岡製作所 600円
朝日ネット 900円
JXTGホールディングス 800円
兼房 250円
お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



タグ:端株 配当 兼房
posted by たなぼた at 21:29 | Comment(0) |   配当金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする