2017年07月13日

外壁のリフォームローンの借り入れが、まずは夢物語で終わった話と僅かな望み

myhome_family_kengaku.png

さて、自宅の経年劣化による外壁リフォームに伴う資金調達の手段として、住宅ローンを借り入れしている信金さんに問い合わせてました。

問い合わせの内容は2点。

@リフォーム資金を住宅ローンに組み込めるかどうか
Aリフォームローンを利用した際の支払いプラン。




まずは@の方から。

こちらは2案の提案を貰いました。

1案目は、一般的に(?)リフォーム資金を住宅ローンに組み込むとした場合、新たに借り換えと言う手段になるということでした。

なので、抵当権の設定をやり変えたり、保証料が必要になったりと、諸費用だけで50万超え。たかだか120万程度のローンを組み込むのに50万を超える諸経費は高すぎでありえない。

「前回金利の見直しのときにそんなに手数料払った覚えない」ことを伝えると、「あれはあくまで条件見直しという形だったので」との返答。

そうか、そういえばそうだったかも。

関連:住宅ローン金利見直しか借り換えか 〜まとめ〜

また今日初めて知ったんだけど、大抵住宅ローンを借りる時って連帯保証人を必要としない変わりに保証会社をつけて、保証料なり保証料分金利の上乗せがあったりするんですけど、うちは保証会社がついてないんです。

他銀行から借りかえる時に連帯保証人をつけることで、保証会社を外して借り入れしてたのは知ってたんだけど、これはなんか特殊な借り方みたいです。

なので、今回は改めて借り換えと言う形を取ると保証料が発生するとのこと。

2案目は無担保ローン。

担保を外して保証会社も付けない代わりに金利は上乗せ。

諸経費が15万程度掛かるようです。

諸経費が安いけどそれ以上に金利負担が大きく、これもありえない選択。




最後にAのリフォームローン。

金利は2.9%と高いんだけど、期間が短いだけに120万借りて金利分は約18万円。

何の役にも経たない諸経費に10何万も払うことを思えば、この数字はまだアリ。

だけど、リフォーム資金の借り入れとなるかどうかは別問題。



そして今度は逆に信金からの条件。

融資金はそのまま工事店振込みが条件。

まぁ、これは大体予想ついてましたね。

多分住宅ローンを組んだことある人はご存知でしょうけど、大抵融資金はそのまま支払いに充てられるように振込み手続きをさせられるはずです。

要は本来の目的以外では融資したお金を使っちゃダメですよってこと。

まぁ、手元にお金が戻るような方法が無いわけでもないと思うけど。

どちらにしても、リフォーム時期が近づいてることと、息子が高校進学を控えてることだけは間違いのない事実。

お金の工面は大変なのだ。


お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 22:15 | Comment(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月12日

年間10万円の医療費控除は敷居が高くても、年間1万2千円のセルフメディケーション税制なら利用できるか?

家族で年間10万円を越えた医療費について、10万円を越えた部分が所得税やら住民税が安くなるのは比較的ご存じの方も多いはず。

ところが、この10万円という金額、意外と敷居が高い。4人家族で月2000円毎月病院に掛ったとしてやっと届くかどうかという額。よほど持病とかお持ちの方でなければちょっとね。

もうひとつ、年間10万というボーダーのほかに、総所得の5%という括りもあるのでチェック。扶養を外れた主婦の方とかで、総所得180万であれば 9万円以上の医療費で控除の対象になる可能性が。世帯主でないと控除を申請できない事はないので、うまくやるといいと思います。

さて、ここから本題のセルフメディケーション税制。

年間1万2千円以上対象の市販医薬品を購入することで控除の対象になる可能性があります。

市販の痛み止めとか風邪薬なんか、すぐ1000円以上してますから、12,000円というと意外と行けるかも。

現在対象となっている医薬品

セルフメディケーション税制対象医薬品.pdf

すでに大量の医薬品が対象となっており、これからもまだまだ増えていく様子。

例えば「ロキソニンS」「アレグラFX」「パブロンAG錠」「ガスター10」など、一度や二度聞いたことのある銘柄ももちろんあります。

試しに近くのドラッグストアへ寄ってみました。

セルフメディケーション (1).jpg

箱の裏にはセルフメディケーション税制の対象である証のマークが入っています。

セルフメディケーション (3).jpg

またお店にもよるかもしれませんが、商品棚にもセルフメディケーション税制対象である旨の表示がしてありました。思ったよりありますね。

花粉症の私はアレグラを買うし、痛み止めや解熱剤としてロキソニンを買う事も。

ところが購入時ちょっとした注意事項がありまして、税制が新しいからか、対象薬品への申請が遅れているせいか、箱にマークの入ってないものもありましたし、シールを貼って対応しているものもありました。さらにはシールなどの対応が遅れているものも。

気になれば店員さんに確認してみてください。

さてさて、じゃあ誰でも申告すれば税金安くなる?というものでもなく、厚労省のHPではこんなことが書かれています。

@健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、A平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。

とあります。

はて??

第1条件が、自分で普段から健康管理してますよ、健康の維持に努めてますよって人が受けられる制度です。その上で第2条件として税制対象となる医薬品を年間で1万2千円以上購入した人。

じゃあ、どんな人が第1条件に当てはまるの?というと、手っ取り早いのが職場で受ける健康診断とか、市町村なので実施する健康診断を受けた人、あとはインフルエンザなんかの予防接種なんかでもOKみたいですね。

これらに該当する人がそれらを証明する(例えば健康診断の結果とか)所定の書類を提出することが大前提となります。

第2条件として、該当する医薬品を12,000円以上購入した証明書、レシートとか領収書とかの提出。こちらは普通にレシートを受け取って無くさなければOKですね。

最後に、どれくらい減税になるの?と言うところですが、2万円の医薬品購入をしても、12,000円までは控除の対象にならないため、実際には8000円ぐらいの控除額。

これが住民税と所得税で減税対象になるので、お??って思うとこなんですけど、実際にはこの額へ所得税率や住民税率を掛けるので、びっくりするほどの節税にはならないという結論。

ちなみに所得税が5%〜、住民税は10%。

最終的に、大きな節税になるかと思い調べて記事を書きあげたんですけど、この段階で我が家ケースだとあまり大きな減税にはならないというのが結論でがっかり。

ただ、こういった税制が始まってるので、気にしてみてもいいかもね。
お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 17:45 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月10日

気付けばFXの豪ドルスワップが全然高利じゃ無くなった話

SBIFXトレードで積立ててた豪ドル。

基本的に完全放置するため、80円の時レバ1.5倍、70円でレバ2倍くらいの運用でした。

レバレッジに関しては、時間を掛けてスワップを貯めたつもりがロスカットで消えることを思えば、今の現状でレバの掛け方が間違ってたつもりもないし、むしろ下がった時に買ポジションを増やすことが前提だったので、わざと低めに設定してたんだけど、改めて今どれくらい?って計算し直してびっくり。

<試算>
1AUD=83円(仮) スワップが1000AUDで4.1円の計算

1000AUD=83,000円
4.1円×365日=1,496.5円
1496.5÷83,000円×100=1.80%

ざっくり単純計算だけど。レバ2で運用しても3.6%。

あら??

今更だけど、これってFXとしてポジションを持ってる価値あるんだろうか?

豪ドルは去年ぐらいに金利がバタバタと下がって、スワップも低くなって来てたのは知ってたのですが、豪ドルって高利っていうイメージが先行してちょっとおろそかになってたなぁ。

株式配当でも3%とかって事考えると今の現状はあまりにもローリターン。

何より、FXのスワップ運用って出口戦略がすごくあいまい。

レバレッジは自由に変えられるんだから、満足するまでレバ掛ければいいじゃん?という突っ込みはなしで、あっさり全部決済して米国ETFにでも変えちゃおうかなぁ

決済するのは簡単だから、もう少し考えよ。

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 21:49 | Comment(0) |   FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする