2017年07月17日

とうとうポイントサイト「ハピタス」からの累積換金額29万に到達です。換金されたお金の使い道は?

ハピタスから1600円の換金がありました。

hapitasu.JPG

前回は8000円を換金しており、これで累計換金額は29万となりました。関連:ハピタスから8000ポイント完了で買いたい物


いよいよ30万換金が見えてきました。

正直、どのポイントサイトもFXの口座開設のような手ごろで高額なキャッシュバックキャンペーンが無くなってきた印象ですけど、ネットで検索するとでてくる、「ハピタス」をはじめ「モッピー」とか「げん玉」とかはまだまだ有名どころではないかと思います。

先日FXの豪ドルポジションを解消したという記事を投稿しましたが、元々はポイントサイトからの換金した資金はすべてFX口座へ入金していたこともあり、30万近いお金で何かを買った、食べた、贅沢をしたという事は一切無いです。

一気に何十万単位のお金が入れば、そりゃ何かに使いたいとは思うと思いますけど。

さて、先ほどは手ごろな案件が減ったと言うことを書きましたけど、今最も高額案件となりつつあるのが、格安SIMのMVNOの利用案件。ハピタスではBIGLOBEとタイアップして、高額案件となっています。

BIGLOBE.JPG

3ギガのデータ通信のみのSIMですとポイントはもらえませんけど、通話付のSIMだと最大22,000円キャッシュバックです。

biglobeSIM.JPG

この案件をブログで紹介されている人も多く見られますが、正直この案件のキャンペーン、なかなか複雑でして、ポイント獲得条件が詳細がよく理解できてないため、あえてこんな案件があるよ・・・という紹介までにしておきます。

3大キャリアの縛りも切れるし、今度は格安SIMを利用してみようと思われる方は是非検討をしてみてください。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

実は私の友人がこの案件を使って、とうとう3大キャリアから脱出しました。

格安SIMは大手のキャリアと違い、端末故障時の代替機などもありませんし、デメリットも少なからずあります。それ以上に固定費を大幅削減と言うメリットの方が大きいと思うので、我が家のスマホはすべて格安SIMが入ってます。

収入は上がらないのに、「通信費は節約せずに食費を節約する」というのはどう考えてもおかしいと思ってます。貯蓄できないと嘆く前に継続して削減できる方法をとるのもよいのではないでしょうか。
お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 09:06 | Comment(0) | ポイントサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月16日

FXの豪ドルスワップ運用に終止符

kabu.png

FXのスワップ運用への疑問が最後は自分の中で解決できず、豪ドルポジションを決済しました。

レバレッジを掛けておくと計算では5%を超える利回りすることも可能になるんですけど、それって表面上であって、暴落した時の臨時入金するために費用を確保しておくと、結局FX口座に入ってるかどうかの違いであって、レバレッジを下げるだけのお金が必要になります。

普通なら、「そういうときには損切りという選択をするんだよ」って言う人もいるでしょうけど、スワップ運用している人にとって損切りって基本的に想定してないですよね。

長い時間を掛けて貯めてきたスワップを捨て、さらには差損も生じますから。

なので、スワップ運用をするのであれば

「低レバ運用、損切りなし」

逆を言えば、「損切りしなくてもいいレバレッジでスワップ運用をする」と言うのが鉄則だと思います。

そこで生まれる気付けばFXの豪ドルスワップが全然高利じゃ無くなったというこの問題と、年利2%くらいなら、それくらいの配当利回りの株はいっぱいあるという現実。

スワップ運用の出口戦略とか、スワップだけでは複利運用が難しいなど、自分の中で悩みに悩んで、結局SBIFXトレードで持っていた豪ドルのポジションをすべて決済しました。

最終的にはスワップはもちろん、差損も生じることなく終われたので満足。

ちなみに決済した数量 平均86円台、2,850AUDをレバ1.2ぐらいで運用してました。もう少し上げてても良かったとは思いますけど、70円台、60円台になったときに仕込みたかったので。

その資金はほぼ・・・

ポイントサイト「ハピタス」からの換金のお金。

20万近いお金をハピタスさんからお金で運用してました。今後このFX資金は外貨用資金として米国ETFで運用して行こうと思ってます。

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 10:20 | Comment(0) |   FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月14日

やっぱり金融機関との交渉は面白い。住宅ローンの見直しは気軽に相談して交渉材料にすべし。

house_omoi_loan.png

今回のリフォームローンの相談とか、以前行った住宅ローン金利の見直しとかで感じたことは、交渉するのって面白いってこと。

多分お金の数字を見るのが好きなんですねww

もちろんそのためには他行での比較資料も準備して、交渉している理由とその根拠を持っておく必要はあるでしょうけど。

リフォーム融資の話自体は「やっぱり手持ちのお金でするかもしれません」って伝えると、「あ〜そうですか・・・」とがっかりしたような反応。

銀行はお金を貸したがってるということを感じました。





ちょっと古い話になりますけど、新築当初に借りていた銀行さんも、「今度借り換えするんで、手続きしたいです」って伝えたら、「えっ?」って驚いて、金利面のこととか仕切りに聞いてきました。

信金さんからも、「今の銀行さんに借り換えの事は直前まで黙っておいてくださいね」と度々念を押されたので黙ってことを進めてました。

この時は複雑なことになったら困ると言う思いがありましたし。

で、いよいよ審査関係も済んで融資実行間際、銀行さんへ借り換えの手続きに行ったら「言ってくだされば、社内稟議上げて、金利の見直しをすることも出来たんですけど」だと。

信金さんも、自分のところの金利次第で、相手が下げてくる事はわかってたみたいですね。

私にとっては既に借り換え直前で交渉の余地も無く、言われるままに借り換えを済ませたんですけど、保証料のこととかも今のほうが有利に働いてくれたんじゃないかなって思います。





どちらにしても、若干底打ち感もありますけど、今はマイナス金利のおかげで住宅ローン金利は超低利。

銀行のATMのとことか、住宅ローン相談会とかいった広告なんかを是非一度利用して試算してもらうといいと思います。
お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 18:49 | Comment(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする