2017年02月22日

ふるさと納税にも規制が・・・

TAXI0I9A3710_TP_V.jpg

今朝、通勤の車の中でラジオを聴いているとふるさと納税の話題が。

昨年の暮れ、ふるさと納税デビューをした私にとっては興味深い話。

と言うのも、ふるさと納税自体は簡単だったけど、返礼品があまりにも高価なものが多くなりすぎて、いつか規制されるんだろうなっていう不安。

元々の返礼品は20%くらいを目安に・・・というお達しがあったらしいのだけど、現状はご存知の通り。

ふるさと納税で税収が増える自治体もあれば、税収減になる自治体もある。

でも、多くの自治体は地方交付税で補填されるんですよね。

もちろん、補填されない自治体も存在はするのですが、ここんとこってあまり報道されてないような・・・

今日のラジオでも一切触れてなかったし。

どちらにしても、今朝も所沢市が返礼品取りやめっていうニュースもやってたし、ふるさと納税バブルは少し落ち着き始めるかもですね。
お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 21:41 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

LIONFXのダイレクトメールをきっかけに久しぶりのFXトレードの結果は?

先日、LIONFXからこんなDMが届きまして・・・

2017-02-19 06.53.08.jpg

最初は、「あ〜また来たなぁ」って思ったんだけど、せっかくなんでよく考えてみた。

条件は、取引通貨は殺人通貨のポンドで片道10万通貨(LIONFXでは100lotになります)。

取引コストとしてLIONFXスプレッドが原則1.3銭固定。

と言う事は即決済で1300円のコストで2万円??

美味しすぎる・・・

とよく見ると??

10万通貨で1万円、更に100万通貨で1万円ということでした(そりゃそうかorz)

とりあえず、100万通貨取引で1万円じゃ割に合わなさそうなので10万通貨の1万円で手を打つことに。

1回の取引量を10lotの1万通貨で10回。

「FXを始める前は買うか売るかの二つに一つだから簡単じゃん^^」って思ってたんですけど、そんなんでお金が稼げるならワケ無いわけで・・・。

スキャルでとりあえず10万通貨取引したんだけど、相変わらずストレスがハンパない

結果は1900円のマイナスwww

スプレッド以上のマイナスを出してしまった。

まぁ、2000円までは許容してたので、結果としてはOK。

さて、ここからは忘れずにキャンペーンの応募フォームから申請しておきます。

最後にはこんなアンケートがありまして・・・・

hirose3.JPG

なかなか困りました。

正直に感じてることを書きましたが、内容的にはOKだったのかは不明です^^;

さて、せっかく取引をしたのですから、他に該当しそうなキャンペーンを・・・

hirose1.JPG
満喫!無敵の熱ウマ中華プレゼントキャンペーン!

こちらは片道10万通貨で焼きおにぎり2人前が頂けます。

ついでに1000通貨取引でぞろ目を作ってこちらにも応募。

hirose2.JPG
激アツ!!ゾロ目でガーリックチャーハンプレゼントキャンペーン!

決済損益が3つ以上揃うとガーリックチャーハン2人前〜が貰えます。

損益ですので、-111円でもOK。

この条件をクリアするのは簡単で、適当にポジションを成行で新規建てします。(売買どちらでもOK)

後はOCO注文で決済の損益を3つ以上の調整してぞろ目になるように調整して放置。

注意する事は、以前はロールオーバーするとスワップ分の調整が必要でしたが、今はどうでしょうかね?

あと、やっぱり滑ることも皆無とは言えませんのでたまにズレます。

ま、そんな感じでトータル3つのキャンペーンに挑戦してみました。

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 07:32 | Comment(0) |   FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

iDECOとふるさと納税、住宅ローン減税・・・つまり?

iDECOに若干興味を持ち始めている私。

そりゃー所得控除の対象になって減税になるのなら、その分だけでも有利になるはず。

しかも元金保証タイプもあり、定期預金するくらいならiDECOを利用した方がベターかも。

ただ、一度始めると途中で辞められなかったり、売却できなかったり、管理費用とかも掛かったりするしかなりイマイチな印象。

PASONAZ160306260I9A1855_TP_V.jpg

ふるさと納税はとてもおいしい制度なだけに、ふるさと納税できる額を減らしてまでiDECOを利用する気もないし・・・

シミュレーションも各家庭によって詳細な条件って変わってくるだろうから、ネットで調べるにはちょっと難解。

そこで利用するのは、実際に販売している金融機関。

我が家の場合は住宅ローンの借り入れもしている信金さんがベストかと思い連絡してみた。

近々連絡をくれるだろうから、直接面談していろいろ聞いてみようかと思ってみたり。

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 21:40 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする