2016年08月14日

住宅ローンの金利見直しの比較結果

返済予定表を改めて見直しみたのでまとめてみたいと思います。



見直し前 金利1.9% 
支払額は 51,427円 元金・利息の内訳は下記の表となります。

2016年9月 35,983円 15,444円


元金が約36,000円に対して、15,000円以上の利息を払ってます。

見直し後 金利1.4% 
支払額は49,118円 元金・利息の内訳は下記の表となります。

2016年9月 37,740円 11,378円

利息が4000円以上減りました。



見直し前の10年固定期間は32年の8月までと、ほぼ4年を残していましたので、単純計算して、

4,000(円)*12(ヶ月)*4(年)=192,000(円)

ボーナス払いも併用しており、こちらは1回当たり約6000円の金利圧縮となっています。

6,000(円)*2(回)*4(年)=48,000(円)

締めて24万円分の金利を圧縮できた感じです。

たった4年でこれだけの違いは大きい・・・

手数料32,400円掛かりましたが、余りある効果ではないでしょうか??

融資期限の関係で、月の支払いが2000円減って、元金が2000円余分に支払われると言う形にはなっていますが。

次は、借り替えたらどうだったのか?ということをまとめてみたいと思います。
借り換えとの比較はこちら

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 17:44 | Comment(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

やっと住宅ローンの返済予定表が届いたけど、圧縮できた利息は?

他行で借り換えか、今の金融機関で再交渉かで悩んだ今回の金利見直し。

結果としては今の金融機関のまま、再交渉という形で決着。

とりあえず待ちに待った返済予定表が届きました。

見てびっくり。

ひと月の金利利息分が4000円以上減ってる。

これが10年なのだから、単純に

4000円×12ヶ月×10年=50万近く金利が浮く計算に。

他行借り換えの時のシュミレーションと見比べるのはまたお盆にでも時間を作って見比べるとして、3万円そこそこの手数料でこの効果は凄い。

想像以上でした。


お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 22:19 | Comment(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

住宅ローンの契約変更をした話

10年の固定で1.9%で借りてた我が家。

住宅ローン.jpg

他行の話とか持ち出して、かなり強引な交渉をした結果、1.4%で10年固定の条件を獲得。

強引と言っても、「金利下げろや〜〜」って脅したわけではなく、「○○は何%なんだよね〜」「あなたのとこも、新規なら○○%って既存客には冷たいんだね〜」って感じ。

最終的には、「手数料が掛ってトータル支払いが変わらなくても借り換える」って言ったかも。

何せ「ろうきん」なら、繰り上げ返済が1円からでも無料ですからね。

そっちの方が性分に合ってるし、1.15%10年なら、40万位のメリットが出ると言う試算も。

借り換えメリット.jpg

でも、手数料考えると、今後1.4%で10年を固定できたことで、多分逆転したんじゃないかと思うんですね。

今金利を下げるって言う案件増えてるんじゃないですかな?

社内稟議自体は思いのほか簡単に通ったみたいだし。

住宅ローンの金利がまだ下がると感じてる人はもう少し後で、そうでない方は一度交渉してみてはいかがでしょうか。

言われるままだったら、固定金利終わったら多分金利上がるだろうし。

銀行は交渉できる相手と言うのが分かりました。

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 21:48 | Comment(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする