2017年07月07日

自宅外壁のリフォームの見積りが到着。まぁ想定範囲内の金額ではあるけれど・・・

先日業者さんに依頼をした、自宅の外壁の塗装の見積り。

現状は
外壁:モルタル塗り+弾性リシン吹付仕上げ
屋根:カラーベストコロニアル葺き

リフォーム時の外壁塗装が水性シリコン、屋根が溶剤型のシリコンになってます。まぁ、一般的な仕様のものと認識してます。

そのお値段・・・

120まんえんナリ・・・www

足場とかも要りますから正直そんなものだろうと思います。

希望金額は2ケタですけど・・・

ま、ま、とりあえずはこれでOK。

なぜなら、金融機関用に具体的な数字が欲しかっただけなので。
    ・
    ・
    ・
    ・
で、某信用金庫の担当者に電話して聞いてみました。

「外壁のリフォームの費用なんですけど、住宅ローンの金額増やして借入可能ですかね?」

多分、今の住宅ローン金利って、この日本の一般市民が関係する中だと「銀行の預金金利」に次いで安い金利。

リフォームローンだって、やっぱり住宅ローンに比べると金利は高いです。まして住宅ローンと併用して支払うと家計にも負担。

リフォームローン.JPG
▲一般的に安いと言われるネット銀行でもこの金利

それなら住宅ローンの金額増やして借り入れることが出来れば、住宅ローンとリフォームローンを一本化して支払い出来る。

「そんなこと出来るんかなぁ〜」って自分でも考えてたんですけど、よくよく考えると、住宅ローンの借り換えの時って、借換費用を計上して借入金額を増やすことが出来るんだから、タイミング次第(例えば借り入れの再契約とか)では出来る・・・はず。

もっとも借換費用はそのまま金融機関への支払いなのと違って、工事費用になると工事店への支払いになるという大きな違いはあるけど、住宅ローンの再契約っていう形なら金融機関は手数料は手に入るし、マイナス金利の今のご時世、融資額が増えるわけだし。

正直、そんな面倒な事しなくても現金で支払える額なんですけど、来年には長男の高校進学があり、学費に少しでも残しておきたいという思いもあります。

そうしたら案の定「一般的にはリフォームローンの扱いになります」ですって(--;)・・・やっぱりかぁ

でも、そこは地元の信金さん。「とりあえず方法がないか探ってみます。」と言ってもらえました。大きな銀行とは違い柔軟に対応してくれます。

借換の時にも思ったけど、やっぱり金融機関との駆け引きって面白いかも。

ダメならダメでいいし、OKならOKで支払いの選択肢が増えるから嬉しい。

どんな返答が来るのか楽しみだけど、ダメならダメでこの続編はないし、OKならOKでまた続編にしてみたいと思います。

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 18:30 | Comment(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月21日

自宅の外装のリフォーム、塗り替えの見積りを依頼してみた

先日思いついて、早速見積もりの依頼をしてみました。

まず一番に、「どこへ見積もりだすの?」っていうところが一番億劫なところなんでしょうけど、

私・・・

建設業界で働いてます・・・

なので、塗装の業者さんとかも普通に付き合いがあります。

電話一本で・・・「手が空いたときに寄ってもらえません?」って言って来てもらって、図面を渡しておしまい。

建設業界の人と付き合いが無ければ、家を建ててもらったハウスメーカーとか工務店。あとは一生懸命営業で回ってるリフォーム関連の業者さんもいらっしゃいますので、声を掛けてみても良いかも。

あと選ぶ基準で言えば、工事期間中は足場に会社の宣伝のために会社名の入ったシートを掛けてるケースが多いです。ちょっと意識したら、結構頻繁に目にしたりしますから、よく見る会社だったらちょっとは安心ですよね。足場がとれたら外からでも見せてもらうとか。

口コミサイトとかも無い事はないですけど、塗装業者を網羅することなんて不可能だし、評判の悪い塗装業者さんが、評判のいいリフォーム会社の下請けで仕事をしてた なんて事は普通にありえることです。

sagi_reform.png
△こんなこと想像したら飛び込みでくる業者さんに二つ返事で「お願いします^^」なんて言えませんもんね。

どちらにしても、業者選びって難しい問題なので、建ててもらったところに相談するのが一番安全かもしれません。ハウスメーカーとかの経費が乗るんで高くなりがちですけど。

後は相見積りを取るとか。しかも見積り依頼するときには予め、「よそにも見積りお願いしてるんですけど、見積もり頂けます?」と言うのを伝えておくと、断る時も断りやすいですし、単価交渉の時にもこちらが金額の基準を知ってるわけなんで、金額交渉しやすいと思います。

まぁ、うちの見積もりをいくらでくれるかわかりませんけど、いずれは必要なメンテナンスなんで、金額だけでも押さえておけると後々予算もたてやすいですからね。

よく考えたら、ハウスメーカーも新築で建てたときとか売ったときに、そういう費用に関するところの見積りをくれればよくないですか?

もちろん、建てた時と10年後の値段なんて変わるかもしれませんけど。

ついつい構えちゃうよね。



それにしても話は変わるけど、最近全国的に増えてる分譲マンション。

あれの修繕積立費って分譲の時の設定額で足りるんですかね?

以前は見た目の支払いを押さえるためにワザと安めに設定していたりして後々足りないというトラブルになった話とか聞きましたけど。

43%のマンションで修繕積立金が不足する


最近はそれなりに計算して設定してるんですかね?

足りなくて追加修繕費とか徴収されたら、現役世代はまだしも定年後にはきついですよね。

分譲って結構同じ世代の入居者多そうだし、その時の経済格差でそう・・・。

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 17:05 | Comment(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月19日

持ち家は持ち家で、賃貸は賃貸で・・・

自宅を新築してこの冬で10年。

いろいろありました。

・・・どこの家庭もでしょうけど。

さて、10年が一つの区切りでメンテナンスの時期です。

持ち家の場合、こういったメンテナンスとか、固定資産税とか、もちろん金利が掛かるから賃貸の方が生涯で考えて安い・・・と言われる賃貸派の方も相当数いらっしゃる事は周知の上ですが

私・・・

持ち家派
です。

myhome_family_kengaku.png

車とか別にいい車とか乗りたいわけじゃないし、外食でおいしいもの食べたいとかありません。

服だってしまむらやユニクロで平気。

最近じゃ「ユニクロって贅沢じゃない?やっぱGUでしょ」って人もいるかもですけど、確かにユニクロ高くなったですね。

ユニクロは昔から安物のイメージだっただけに、中途半端に高くなると買う気が失せる。

なんだかんだ言って、生涯収入のなかで何にウエイトを置くかだけだし、賃貸で家賃のほうが安いと言いながら車とかにお金を掛けてたら結局老後の生活資金って変わらないと思うんで、老後も働かないと住むところが無い、ってことになりかねません。

働くのが嫌なわけじゃないけど、死ぬまで住むところのために働くのはちょっと・・・

ま、ま・・・これらの意見にはもちろん反対の人もいるわけで、この話はこれくらいにしておきます。

基本的に「持ち家派VS賃貸派」の戦いに終止符というものはないと思ってます。

さて、持ち家派にはどうしてもついて回るのが家のメンテナンス。

特に外壁のメンテナンスは出費が大きいだけに、ためらうところ。

でもこれを渋ると将来的に更に大きな出費になりかねない・・・

うちは、外壁がモルタル吹付け、屋根がコロニアル。

屋根が瓦なら塗装の心配はないんだけど、コロニアルはコストが安い反面、塗装などのメンテナンスが掛かり、家のライフルサイクルコストで言うと瓦とあまり変わらない、という認識です。

後は足場。

足場は全く家の耐久性には関わらないのに、どうしてもついて回る費用です。

塗装については劣化しにくいものはもとより、光触媒で汚れにくいもの、遮熱効果のあるものなどなど、塗料自体が年々進歩しています。

実際どこまで違うの?と言われると「???」ですけど、もちろん実験などしてからの結果でしょうけど、一番大事なところは実感できるかどうかですよねw

まぁ〜そんなわけで、家の外壁メンテナンスの記事をたまに投下してみたいと思いますので、「時期がちかいんだよね」って人は参考にしてみちゃってください。

工事は今年か、来年か、はたまた再来年かわかりませんけど、塗装のこととかも調べてみたいと思います。

工事代は現金支払いのつもりですけど、お金をテーマにしたブログですので、金融機関から借り入れた場合なんぞも検討してみたいと思います。
お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 22:10 | Comment(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする