2017年07月14日

やっぱり金融機関との交渉は面白い。住宅ローンの見直しは気軽に相談して交渉材料にすべし。

house_omoi_loan.png

今回のリフォームローンの相談とか、以前行った住宅ローン金利の見直しとかで感じたことは、交渉するのって面白いってこと。

多分お金の数字を見るのが好きなんですねww

もちろんそのためには他行での比較資料も準備して、交渉している理由とその根拠を持っておく必要はあるでしょうけど。

リフォーム融資の話自体は「やっぱり手持ちのお金でするかもしれません」って伝えると、「あ〜そうですか・・・」とがっかりしたような反応。

銀行はお金を貸したがってるということを感じました。





ちょっと古い話になりますけど、新築当初に借りていた銀行さんも、「今度借り換えするんで、手続きしたいです」って伝えたら、「えっ?」って驚いて、金利面のこととか仕切りに聞いてきました。

信金さんからも、「今の銀行さんに借り換えの事は直前まで黙っておいてくださいね」と度々念を押されたので黙ってことを進めてました。

この時は複雑なことになったら困ると言う思いがありましたし。

で、いよいよ審査関係も済んで融資実行間際、銀行さんへ借り換えの手続きに行ったら「言ってくだされば、社内稟議上げて、金利の見直しをすることも出来たんですけど」だと。

信金さんも、自分のところの金利次第で、相手が下げてくる事はわかってたみたいですね。

私にとっては既に借り換え直前で交渉の余地も無く、言われるままに借り換えを済ませたんですけど、保証料のこととかも今のほうが有利に働いてくれたんじゃないかなって思います。





どちらにしても、若干底打ち感もありますけど、今はマイナス金利のおかげで住宅ローン金利は超低利。

銀行のATMのとことか、住宅ローン相談会とかいった広告なんかを是非一度利用して試算してもらうといいと思います。
お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 18:49 | Comment(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月13日

外壁のリフォームローンの借り入れが、まずは夢物語で終わった話と僅かな望み

myhome_family_kengaku.png

さて、自宅の経年劣化による外壁リフォームに伴う資金調達の手段として、住宅ローンを借り入れしている信金さんに問い合わせてました。

問い合わせの内容は2点。

@リフォーム資金を住宅ローンに組み込めるかどうか
Aリフォームローンを利用した際の支払いプラン。




まずは@の方から。

こちらは2案の提案を貰いました。

1案目は、一般的に(?)リフォーム資金を住宅ローンに組み込むとした場合、新たに借り換えと言う手段になるということでした。

なので、抵当権の設定をやり変えたり、保証料が必要になったりと、諸費用だけで50万超え。たかだか120万程度のローンを組み込むのに50万を超える諸経費は高すぎでありえない。

「前回金利の見直しのときにそんなに手数料払った覚えない」ことを伝えると、「あれはあくまで条件見直しという形だったので」との返答。

そうか、そういえばそうだったかも。

関連:住宅ローン金利見直しか借り換えか 〜まとめ〜

また今日初めて知ったんだけど、大抵住宅ローンを借りる時って連帯保証人を必要としない変わりに保証会社をつけて、保証料なり保証料分金利の上乗せがあったりするんですけど、うちは保証会社がついてないんです。

他銀行から借りかえる時に連帯保証人をつけることで、保証会社を外して借り入れしてたのは知ってたんだけど、これはなんか特殊な借り方みたいです。

なので、今回は改めて借り換えと言う形を取ると保証料が発生するとのこと。

2案目は無担保ローン。

担保を外して保証会社も付けない代わりに金利は上乗せ。

諸経費が15万程度掛かるようです。

諸経費が安いけどそれ以上に金利負担が大きく、これもありえない選択。




最後にAのリフォームローン。

金利は2.9%と高いんだけど、期間が短いだけに120万借りて金利分は約18万円。

何の役にも経たない諸経費に10何万も払うことを思えば、この数字はまだアリ。

だけど、リフォーム資金の借り入れとなるかどうかは別問題。



そして今度は逆に信金からの条件。

融資金はそのまま工事店振込みが条件。

まぁ、これは大体予想ついてましたね。

多分住宅ローンを組んだことある人はご存知でしょうけど、大抵融資金はそのまま支払いに充てられるように振込み手続きをさせられるはずです。

要は本来の目的以外では融資したお金を使っちゃダメですよってこと。

まぁ、手元にお金が戻るような方法が無いわけでもないと思うけど。

どちらにしても、リフォーム時期が近づいてることと、息子が高校進学を控えてることだけは間違いのない事実。

お金の工面は大変なのだ。


お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 22:15 | Comment(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月08日

裏技的リフォーム資金調達の途中経過

昨日、金融機関の担当者から電話がありまして、「外壁のリフォームを住宅ローンに組み込む事は可能です」との返答をいただきました。

へ〜、ホントに出来るんだ・・・ちょっと意外

と言うのが本音。

電話越しだったので、不正確な情報もあるかもしれませんが、「住宅ローンとして組む事は無理です。ただ、リフォーム代金を住宅ローンに合算して組みなおす事は可能です」という内容だったと認識します。

ここからは想定外だったこと。

「ただ、金利の負担としてはリフォームローンを組んだほうが少なくなります」

「・・・は??だってリフォームローンは2.4%とかでしょ??・・・・あっ」

そう、資産運用とかに興味のある人ならピンと来た人もいるかもしれませんけど、期間の問題。

リフォームローンなら5年?とかの短期で借りるようになると思うんですけど、住宅ローンに組み込むと20年近い期間になる。

いくら金利が安くても時間で利息がひっくり返る。と言うわけですね。

また来週以降で金融機関さんが来てくれるそうなので、詳しくシミュレーションしてみようと思います。



さて、今回のリフォームに関する記事の本題なのですが、前回の記事でも書いたとおり外壁のリフォーム代金が現金で準備できないわけではありません。

ただ安い金利でお金を調達できるなら、いっそ借り入れしておいて、現金で資産運用をしてみるという選択肢もあるのではないか?という素朴な疑問があったのです。

もっとも私の場合は増やす自信は全く持ってないのではありますが^^;、それでも誰か同じことを考える人がいるかもしれないので。

他にも、融資額を少し多めに融資してもらって、その分も資産運用に回すとか。

お金を借りて運用するということは、本来トンでもないことではありますが、試算するぐらいは問題ないと思うので。危ない橋は通らない程度に、経過報告したいと思います。

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 15:37 | Comment(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする