2017年06月20日

我が家のプリンターはこれからもこれで決まり!

投資とかにはぜ〜んぜん関係ないんですけど、今日の記事はお気に入りの家電、プリンターについてです。

我が家のプリンターはブラザー。

ブラザー?・・・って、確かにCanonやEpsonに比べたらはるかにマイナーだと思いますけど、これがかなり便利なんです。

ちなみにこのプリンター、売り場はプリンター売り場じゃなくて電話コーナー。




そうなんです。

見ていただければわかると思いますけど、このプリンター・・・FAXです。

FAXと言うか複合機。

一応プリンターもあるんですけど、基本年賀状とかで大量印刷するときくらいしか使ってないんです。

あとはクローゼットの棚の上で埃かぶってます。

だって邪魔だし、気付いた時にはインクがほとんど無いとか。

その点、これは複合機なんでA4サイズのプリンターより高いんですけど、使用頻度で言うと圧倒的に安くつています。

昔は一家に一台電話機があったものですけど、最近では携帯の普及もあってめっきり減ってしまいましたが、ひかり電話という形で意外と利用してる人は多かったりして。

+500円で維持できますから。

うちの場合は、祖父母が遠方のこともあって、子どもが字を書けるようになってからは、手紙の交換をFAXでしてます。

一番下の子は絵を書いて送ったりと電話とは違って、手書きというのは嬉しいもののようです。

他にも気に入ってるのは、本体の受話器が取り外しできること。

その代わり、本体(親機)の方では電話できませんけど。

自宅の間取りの関係もあるけど、コードレスがあれば、まず親機を使用する事はないですよね。

そしてそして、肝心のプリンター機能。

家を購入して一番最初に購入したプリンターはやっぱり今の先代機種だったんですけど、USB接続か有線LANでしかプリント機能が使えずに、わざわざプリンターサーバーとか購入してWi-Fi接続させてました。

今使ってるのはWi-Fi対応なんで無線でOK。

もちろんスマホからのプリントも対応してます。

ブラザーアプリ.JPG
iPhone・アンドロイド対応しています。

子供たちもちょっとしたサイトを打ちだしたりして利用してます。

写真の打ち出しとかで細かいところの綺麗さを突き詰めていくとCanonとかの方がやっぱり勝るかもしれませんけど、日常レベルの使用に不自由のあるレベルじゃないかな?

複合機なんで、まだあります。

コピー。

もちろんコピーだって大丈夫。

子どもの塗り絵をコピーして使ったり、雑誌のこの部分のコピーが欲しいという事は意外とあるものです。

それからスキャナー

スキャナー機能ってほとんど使ってなかったんですけど、最近はスキャナーを多用してます。

例えば源泉みたいな、年間を通してほとんどいらないんだけど、いざ要るときには探し回らないといけないものとか、健康診断の結果とか、あと住宅ローンの返済表とか。

他にも固定資産税とかの納税証明とかもスキャンしてますね。

車の分は車検に費用な年だけは車検証に入れて後は処分。

そんなのをスキャナーでデータ化してしまってドロップボックスへ放り込んでました。

が、最近もっと便利な方法を知ってしまったのです。

EVERNOTE(エヴァーノート)です。

evernote.JPG

「エバー」か「エヴァー」かひっかかるところではありますがw

スマホのアプリとこの複合機が連動しているのでアプリを立ち上げます

子供たちの貰って帰ったプリント類をセットして・・・SCANを選択

ブラザーアプリ2.png

カラーとかモノクロとかを選択して

ブラザーアプリ3.png

SCAN・・・

そしてそのままスマホに保存せずに、JPEG形式でエヴァーノートに放り込む。

スマホだけで簡単完結、パソコンいらず。

必要な時にエヴァーノートで検索してやれば、もはやプリントも不要。

さすがに捨てはしませんけど。

適当にタグやファイル名何かを登録しておけばなお検索しやすい。

たとえば名前だったり、小学校・幼稚園とか何年とか。

自分が検索すると思うようなワードを付けておけばOK。

という訳で、次も買いたい家電のNo1はブラザーのプリビオでした〜。

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 21:06 | Comment(0) | 節約ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月18日

家計の見直し

来年は長男の高校進学があります。

普段から無駄使いはしてないつもりでも、やっぱりどこかありそう。

ということで、改めて家計を見直し。

CCC9V9A9997_TP_V.jpg

食費に関しては成長期真っ盛りの食いしん坊がいるからある程度は仕方ないとしても、目をつけたのは・・・

通信費
光熱費
保険

ここらはある程度固定費に近いものがあるので、一度見直すと継続して節約の効果が続きます。

通信費はMVNOの格安SIMを使ってるし、他の家庭よりは安い。

その事実で満足してたみたいで、もう少し詰められそう。

光熱費、電気代が年々高くなってて、こちらも気になってたんだけど、ここはもう少し手段を考えるとして、水道代。

日本全国、多くの自治体は水道代って隔月請求だと思うんですけど、住んでる自治体はなんと毎月。

しかも下水道と一緒に来るんで結構きつい。

なので、少しでも節水しようと思う。

あとは・・・保険。

子供の保険として、安いからと共済に入ってたものの、こちらも見直しの価値あり。

入るお金はなかなか増えないのに、出て行くお金は簡単に増える。

いい機会なんで少し見直しを^^

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 21:19 | Comment(0) | 節約ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月09日

サラリーマンが税金をいかに減らすか

自営業とかと違ってサラリーマンが出来る節税対策ってなんでしょう?

医療費控除とか住宅ローン控除とかで節税?

でも、医療費控除って年10万って言ったら、まぁそれなりに健康に過ごしてる独身者じゃまず無理。

もちろん住宅ローン控除も、独身でマンションでも買わない限りは無理。

ま、そんなわけでサラリーマンに出来る節税ってほとんど無いのが実情ではないでしょうか?

で、最近気になってるのが

ふるさと納税とiDECO

ふるさと納税は、節税と言いながら住んでるところとは別のところに納税してるから節税じゃないジャン?という気もしますけど、ご存知ふるさと納税のお礼の品々。

1万円ふるさと納税して1円以上の価値のものが返ってくれば、それは間接的に節税したことに・・・

ダメ??

後はiDECO。

結局は個人型確定拠出年金、401Kのことみたいなんだけど、これも掛け金全額が控除の対象になるみたいなんですよね。

やっぱり年収とか、各家庭の家族環境によって左右されるものの、我が家のケースで言うと1年12ヶ月積み立てていくと、約1ヵ月半分の節税効果がありそう。

これって、研究していけば普通ににインデックスタイプの投信を買い付けるよりも効果が高いかも。

興味を持った人は一度iDECO シミュレーションとかで検索してみては?

ただ、デメリットとしてはふるさと納税の上限にも影響がありそうなんだよね。

税金って複雑・・・。


お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 20:39 | Comment(0) | 節約ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする