2017年03月18日

家計の見直し

来年は長男の高校進学があります。

普段から無駄使いはしてないつもりでも、やっぱりどこかありそう。

ということで、改めて家計を見直し。

CCC9V9A9997_TP_V.jpg

食費に関しては成長期真っ盛りの食いしん坊がいるからある程度は仕方ないとしても、目をつけたのは・・・

通信費
光熱費
保険

ここらはある程度固定費に近いものがあるので、一度見直すと継続して節約の効果が続きます。

通信費はMVNOの格安SIMを使ってるし、他の家庭よりは安い。

その事実で満足してたみたいで、もう少し詰められそう。

光熱費、電気代が年々高くなってて、こちらも気になってたんだけど、ここはもう少し手段を考えるとして、水道代。

日本全国、多くの自治体は水道代って隔月請求だと思うんですけど、住んでる自治体はなんと毎月。

しかも下水道と一緒に来るんで結構きつい。

なので、少しでも節水しようと思う。

あとは・・・保険。

子供の保険として、安いからと共済に入ってたものの、こちらも見直しの価値あり。

入るお金はなかなか増えないのに、出て行くお金は簡単に増える。

いい機会なんで少し見直しを^^

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 21:19 | Comment(0) | 節約ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月09日

サラリーマンが税金をいかに減らすか

自営業とかと違ってサラリーマンが出来る節税対策ってなんでしょう?

医療費控除とか住宅ローン控除とかで節税?

でも、医療費控除って年10万って言ったら、まぁそれなりに健康に過ごしてる独身者じゃまず無理。

もちろん住宅ローン控除も、独身でマンションでも買わない限りは無理。

ま、そんなわけでサラリーマンに出来る節税ってほとんど無いのが実情ではないでしょうか?

で、最近気になってるのが

ふるさと納税とiDECO

ふるさと納税は、節税と言いながら住んでるところとは別のところに納税してるから節税じゃないジャン?という気もしますけど、ご存知ふるさと納税のお礼の品々。

1万円ふるさと納税して1円以上の価値のものが返ってくれば、それは間接的に節税したことに・・・

ダメ??

後はiDECO。

結局は個人型確定拠出年金、401Kのことみたいなんだけど、これも掛け金全額が控除の対象になるみたいなんですよね。

やっぱり年収とか、各家庭の家族環境によって左右されるものの、我が家のケースで言うと1年12ヶ月積み立てていくと、約1ヵ月半分の節税効果がありそう。

これって、研究していけば普通ににインデックスタイプの投信を買い付けるよりも効果が高いかも。

興味を持った人は一度iDECO シミュレーションとかで検索してみては?

ただ、デメリットとしてはふるさと納税の上限にも影響がありそうなんだよね。

税金って複雑・・・。


お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 20:39 | Comment(0) | 節約ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする