2017年04月18日

家計の節約 凄い節電効果のあるものの存在を知った・・・

電気代の節約を・・・

と考えてはいたものの、使わない電気はこまめに消すとか、蛍光灯をLEDに変えるとかぐらいしか思い浮かばなかったです。

蛍光灯をLEDに変えることについてはいずれ記事にしようと思ってはいるものの、取り合えず凄い節電機器の存在を知ってしまった。

というか、もっと早く知りたかった、あえて知りたくなかった、いろんな思いが交錯している感じかな。

その機器とは

「エコキュート」

電気温水器に室外機がついてるようなやつ。


↑こんなやつ

それに対し、我が家の給湯設備は普通の電気温水器。

まぁ、いずれ壊れたらエコキュートにするかなぁって言うつもりだったんだけど、これは今すぐでも変えたくなった。

ちなみにこれがシミュレーション。

エコキュート.JPG

その結果は・・・

電気温水器の年間の電気代  128,000円
エコキュートの年間電気代   34,000円

この試算は私がしたのではなく、メーカーが試算してくれたもの。

正直ここまでとは思わなかったです。

電気温水器は我が家で今実際使用しているものなので、もっと新しい機種とかならもう少し結果は変わってくるだろうけど、タンク容量は460Lです。

実際の家族構成や使用状況で変わってくるとはいえ、多分工事費入れても3年あれば元が取れるんじゃないですかね?

もし電気温水器の人がいれば検討だけでもしてみてはどうでしょうか?
お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 22:27 | Comment(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年02月16日

持家派・賃貸派どっちが得か?私の中で決着

不動産投資に関して気になるのは、持家と賃貸のどっちが得かという議論。

持家派は税金や修繕費、ローン金利や災害時にどうたらこうたらというデメリットがあるのは百も承知。

生涯の住居費にかかわるお金だけだったら多分賃貸・・・かもしれない。

先日50代の人と思われる方のブログを読んでて、同窓会かなんかで「みんな住宅ローン終わったから住むとこには困らんね〜」みたいな記事を読みました。

今住宅ローンを抱える我が家にとっては、とってもうらやましく思ったんですけど、持ち家派の私としては「やっぱりそうだよなぁ」って思いました。

なので、賃貸でも持家派より結果住宅費が安く済んだ分をきちんと確保しておかないと、老後の生活費に住宅費が間違いなく重荷としてのしかかるわけです。

えー.jpg

そうでないと、今現在の年金額では生活はできるけど住居費が足らない、住居費を払うと生活費が足らないという事が発生しかねない、と言うより多分そうなる。

その時の年金額が今の水準より低下している可能性の方が高いわけですし、先日安倍さんも気になること言ってましたしね。

よく、貯蓄するためには先に手元から貯蓄に回しておくという先引きの方法を利用しますが、賃貸派の人はこのことを踏まえてしっかり貯蓄しておくことをお勧めします。

じゃぁ、実際どちらが得なんでしょうか。

私の住んでる方では、よく(ボーナス併用で)家賃と同じくらいで家が買えるとかチラシが入ってたりします。

私は持家派なので良く興味深く見てるんですけど、だいたい期間や金利次第ですが、最低でも借入の1.5倍くらいは払うことになるでしょうから、2000万借りると3000万は払うことになりそうです。

それだけのお金を出すのならと賃貸を選択される人が多いのも一つです。(≫住宅ローンの借り換えを検討しています

でも、不動産投資に興味を持っている持家派の私がどちらが得かと聞かれたら、間違いなく賃貸を推しますね。

だって、入居者がなければ成り立たない投資手段ですから。

実は、賃貸派を煽るコラムを書いている人って実は不動産オーナーだったりして。

なので、個人的判断としては、「安心感からは持家、継続的に安定した収入のある人や計算上では賃貸」

将来的に住むところがあるという安心感が欲しいから自分は持ち家派でいいや。

まぁ、転勤の有無やライフスタイルによってもどちらが得かは変わってきますから、ネットや雑誌の情報を鵜呑みにせず判断されますように。

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 22:33 | Comment(3) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年05月19日

不動産投資への意欲!!・・・はあるものの

不動産投資に関して、以前にも若干書いてますけど、意欲だけはあるつもりです。

ただ現状は住宅ローンもあり、新たな借り入れなどは困難な状態であるのは間違いないところでしょう。

将来的に住宅ローンの残高が減ってきたときには、新たにローンを組んで物件を建てられる(買える)ようアンテナを張って情報だけは集めておきたいと考えています。

さし当たって繰り上げ返済の話をしたときに、融資に関する話が出来ればいいかなと思っています。

不動産投資は特に儲けることが目的としていません。

「他人(銀行)からお金を借りて、他人(借主)がそのお金を返してくれる、その結果土地建物が手に入る」というのが最終目的です。

今は敷金の返済問題など、大家には何かと不利益な状況ではありますが、そのためにも「住宅ローン+借家のローン分」の支払いが出来る状態になっておきたいと思っています。

まぁ、こういう根拠のない夢物語はなかなか面白いものですが、いざシュミレーションや融資の話になると胃の痛い話なんでしょうね〜

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



タグ:不動産投資
posted by たなぼた at 22:00 | Comment(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする