2016年03月06日

2月の購入結果

資産運用というと大袈裟ですけど、取り合えず自分用にまとめてます

1月までの保有資産
松井証券
8698 マネックスグループ  100株
5020 JXホールディングス  100株
4680 ラウンドワン  100株
2792 ハニーズ  10株
2341 アルバイトタイムス  100株
松井証券.JPG

SBI証券
2694 Gテイスト  5株
3834 朝日ネット  100株
1699 野村原油  90口
1570 日経レバレッジETF  6口
7603 マックハウス  10株
8411 みずほHLD  100株
8613 丸三証券  8株
USリート B  111,537口
ワールドリートオープン  111,025口

SBI証券.JPG

楽天証券
グローバル好配当株式オープン(世界の豆の木)  107,277口
アジア・オセアニア好配当株式オープン(椰子の実) 55,687口
グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型) 42,307口
J-REITオープン(毎月分配型)  83,098口
純金積立 7.58702g

SBIFXトレード
豪ドル  2,556AUD

今年は1ヶ月に1銘柄以上の株式を取得ということを目標にしたいとしていましたが、実際にそんなペースでは資金があっという間に尽きるので、資金と時間の分散という大義名分のもと、端株投資としています。

2月に買った銘柄は

5958 三洋工業  80株
5984 兼房   20株
※マックハウスは3月に入ってから20株買い増しています。

SBI証券1.JPG

また、2月は優待目的で購入していたにも関わらずラウンドワンを売却という愚行にでてしまい、今更ながらちょっと後悔しています。

松井証券1.JPG

ただ、優待自体はかなり充実していると思われるので、いずれ下がったところを再度買い戻したいとは考えています。

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 07:16 | Comment(0) | 投資商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

1月の購入結果

資産運用というと大袈裟ですけど、取り合えず自分用にまとめてます

2015年までの保有資産
松井証券
8698 マネックスグループ  100株
5020 JXホールディングス  100株
4680 ラウンドワン  100株
2792 ハニーズ  10株
2341 アルバイトタイムス  100株
松井証券.JPG

SBI証券
2694 Gテイスト  5株
3834 朝日ネット  100株
1699 野村原油  90口
ワールドリートオープン  111,025口

楽天証券
グローバル好配当株式オープン(世界の豆の木)  107,277口
アジア・オセアニア好配当株式オープン(椰子の実) 55,687口
グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型) 42,307口
J-REITオープン(毎月分配型)  83,098口
純金積立 7.58702g

SBIFXトレード
豪ドル  2,056AUD

今年は1ヶ月に1銘柄以上の株式を取得ということを目標にしたいとしていましたが、実際にそんなペースでは資金があっという間に尽きるので、資金と時間の分散という大義名分のもと、端株投資としています。

2016年1月
SBI証券
1570 日経レバレッジETF  6口
7603 マックハウス  10株
8411 みずほHLD  100株
8613 丸三証券  8株
USリート B  111,537口
SBI証券.JPG

SBIFXトレード 
豪ドル 500AUD

以上の銘柄を追加しました。

USリートはマネックス証券で持ってた分の持ち直しといったところです。

5647円で解約、5441円で買い戻し。

少しでも購入手数料分の足しになったかな?

投資信託の分配金とかを掲載しだすとキリが無いので、分配金の再投資によるものは年に一度か、気が向いたときにまとめてみたいです。


お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 22:21 | Comment(0) | 投資商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

配当狙いは単元未満株、優待狙いは単元株

基本的に資金が足らず、単元株がなかなか狙えない私。

だからと言って指をくわえてたって仕方ない話。

そこで考えたのが、端株投資。

単元株でも単元未満株でも配当利回りは基本的に同じ。

なら、無理して単元株狙わなくてもいいから、資金を分散させられる。

今年になって株価見てると、あれだけ日経平均が下がっても上がる銘柄もあることがわかりました。

01.jpg

端株なら資金を分散しながら自分なりの銘柄も集められる。

もちろんそれに伴う手数料は掛かるけど、基本は長期目線での買い

手数料は片道だけ。

利回りが下がるとか考えなくても、自販機で飲み物買ったと思えば安い安い^^

欠点は、指値が出来ないこと。

午前中ガッツリ下げたと思っても、昼から買いが入るってのもあるし。

それはそれで仕方ないけど、小額投資にはつきものとして、当面は端株で頑張ろ。

ただ、そうもいえないのが優待株。

やっぱり優待って株式の楽しみの一つです。

そんな銘柄はやっぱり単元株に限ります。

そうなるとある程度の資金がいるのですが、

端株+端株+端株+・・・=単元株

ともなりますので、焦らず急がず資金と相談しながらやって行きたいと思います。


お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 21:54 | Comment(0) | 投資商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする