2017年07月06日

先月は米国ETFを買いました

先月からアメリカのETFを買いだしました。

銘柄は PFF「iシェアーズ米国優先株式ETF」 です。

高配当・・・(ETFなので高分配と言うべきなのかもしれませんけど)で結構いろんなサイトで紹介されてますね。難しい事はよくわからないのですが、そんな私が買おうと思えた理由が、いろんなサイトにはそれなりにわかりやすく紹介されていますので、参照していただければいいと思います。

積立.png

一番敷居が高いなぁ〜って思うのが買い付けの手数料。

アメリカ株の取り扱いで定評のあるマネックス証券や、マネックス証券に追随するSBI証券では軒並み5ドル程度の手数料が必要になるみたいです。5ドルと言うと今110〜112円として、550〜560円の手数料。

ネット証券で投資というものを始めて、100円台の手数料が当たり前と思ってた私にはやっぱり高いですよ。NISA口座なら株式の売買手数料無料だし。

おまけに外貨への為替手数料も必要。10年前の外貨預金のことを思い出すと、どうしても高いというイメージが付いて回り、拒絶反応があります。


でも、NISA口座を開設するSBI証券ではアメリカ株式の買付側のみですけど手数料無料なんですね。

しかもどうしてもネックになる為替手数料もSBI銀行の外貨積み立てを利用すると5銭。為替手数料5銭とか言ったら、実際ないようなもんですよ、手数料。普通に5銭とかなら変動の範囲内でしょ。

5銭.JPG

積立じゃなくて普通に外貨買い付けでも15銭。15銭くらいなら1000ドル買っても150円。ペットボトルのお茶を買うこと思えば安い安い。つか、お茶ごときで150円とか高すぎ・・・。

じゃあ、NISA口座が終わったらどうすんの?ってとこですけど、そのときは特定口座へ移行して分配だけをいただく。・・・ただそれだけ。

でもETFに限らず外国株の配当とかって海外でも課税、国内でも課税になって2重課税になるみたいですね。

これも、今まで手を出さなかった要因の一つなんですけど、確定申告すれば国内分?が返ってくるらしいですね。

確定申告すれば2重課税したものを返しますよなんていうぐらいなら、ガソリンとかの多重課税何とかしろ!!ビールとかの酒類もそうじゃないですかね?

まぁ、このあたりはそのうち研究の課題として、実際そのうち情報がでてくると思うし・・・どこまで行っても他力本願な私。すべてがクリアになってからでは時間ばかりが過ぎていく・・・

買いだしたのが先月だからまだまだだけど、徐々に外貨を積み立てながら高配当の恩恵を受けられるようにしたいなぁ。

果していつになるやらわからないけど・・・。
お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



タグ:米国ETF PFF
posted by たなぼた at 12:21 | Comment(0) | 投資商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月12日

米株ETF購入用の資金はどこで寝かすのがベター?

money_kinri_sukunai.png

毎月分配の投資信託に見切りをつけて売却したのは以前にも記事にしてます。

その資金を動かして、毎日1000円づつ米ドルを積み立ててます。

計算上は3ヶ月から4ヶ月間、売却した資金だけで積み立てられる計算です。

ふと、米国ETFの手数料を考えてみました。

まず米国のETFですので、米ドルへの為替手数料が掛かります。

SBI銀行で積み立て設定しておくと、片道5銭の為替手数料で済みます。

米ドル110円/$として、片道5銭の手数料だから

0.05÷110×100=0.045%

あとは実際に購入する際の手数料。

こちらはSBI証券でNISA口座を開設していると手数料無料なので0円。

なんか為替手数料とか敷居が高いイメージがあったけど、毎月分配の購入手数料よりはるかに安いんじゃないの?

楽天証券やマネックス証券などでも、NISA口座を開設してると同じように無料になったりキャッシュバックされるようですね。

売却時には通常の手数料が発生するみたいですが。

さて、話は元に戻って、外貨資金をプールしておくところはどうしたものかと。

毎日1000円というと、約9ドル程度。

手数料無料だから、再々ETFを購入してもいいのですが、そのままSBI銀行に入れておくと、SBI銀行の外貨預金の金利が付きます。

円の預金金利のなんと・・・20倍です

が、円の普通金利は0.001%(米ドル外貨預金は0.02%)

はっきり言って小数点以下の0が多すぎてよくわからなくなってきました><

外貨定期にすると1ヶ月で0.6% 6ヶ月で1.0% 1年になると1.25%

随分変わりますね。

今度はSBI証券に外貨入金して外貨MMFを買い付けた場合。

SBI証券の米ドルMMFは3社の取り扱いがあります。

ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド 0.761%
ノムラ・グローバル・セレクト・トラスト 0.548%
ゴールドマン・サックス 0.707%

これくらいになると、課税されてもSBI銀行の定期預金の0.6%くらいには残りそうです。

MMFはかなり安全な債権などで運用されてるといいますが、元本を割り込む可能性は否定できません。

海外ETFで資産運用しようと考えてる人はMMF程度のリスクは許容できる人が多そうですから、外貨MMFにしておくのもありそうですね。

ETFや分配金も外貨で受け取ったお金はそのままMMFにすることも可能ですし、外貨定期のように最短1ヶ月という縛りもありませんし。

ただ、外貨MMFは10通貨(米ドルの場合10ドル)からという制約もありますから、私の場合その都度考える必要がありそうですねぇ。

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 13:02 | Comment(0) | 投資商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月09日

SBI○○で外貨積立を細々と500円から設定してみました

リーマンショック以降、ドルはダメだ、ドルの次はユーロだ、いや元だ・・・

なんてことも言ってる経済評論家とかサイトとかありましたけど、さすが米ドル強いです。

まぁ、なりふり構わず金融緩和して自国だけを守ってきた感は正直否めませんし、トランプさんの自国第一政策もえげつない気もしますけど。

america_daitouryousen_man.png

さて、アメリカの株高なんか見て、やっぱり将来にわたっては米株だ・・・と感じているひともいるでしょう。

と、私のことですがww

ただ、正直リーマンショック以降FXなどで経済ニュースを見てきて感じるのは、なんだかんだ言って世界の中心的存在だなってこと。

アメリカ株で定評のあるのはマネックス証券。

SBI証券もマネックス水準に手数料とか下げて食らいついてますけど、銘柄なんかが圧倒的に多いみたい。

正直銘柄多くても、日本株ですら自分で銘柄選定できないのに必要ない。

むしろ入金のこととか考えるとやっぱりSBI証券の方が良いと思います。

それはSBI銀行の外貨預金。

よくFXと比較されて為替手数料が高いだの、金利が安いだの言われますけど、FXの通貨では米株は買えないので。

元に戻ってSBI銀行の外貨預金。

こちらは為替手数料が1ドル当たり15銭

普通にSBI証券で為替取引すると25銭

マネックスも同じく25銭


SBI銀行で500円と言えどドルコストで米ドル購入。
   ↓
SBI証券へ外貨入金して外貨MMF
   ↓
一定にたまればアメリカのETF購入


アメリカ株は日本の1単元という概念と違って1株単位らしいので。

ま〜端株も含めて、私のしていることって稼ぐと言うレベルの話ではないですけどね。

どちらかと言うとただの趣味の域ですが、外国株は株の値動きだけでなく、為替変動によっても損失(利益)を受けますから、外貨はなるべく安く購入できた方が良いかと。

外貨積み立ては「毎月」「毎週」「毎日」と選べるので、それなりに余裕があって米株に手を出そうと思う人は、ドルコスト法のつもりでSBI銀行の外貨積み立てを利用してみても悪くないんじゃないかなって思いました。

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 21:15 | Comment(0) | 投資商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする