2013年05月17日

ETFミニ

ETFって物にもよりますけど1万円前後から買えるものがありますよね。

一度取引したことがあるんですけど、ちょっと小額投資というわけにはいかない感じでしょうか。

で、全然知らなかったんですけど、この3月からETFミニってのが設定されたらしいです。

日興アセットマネジメントの「上場インデックスファンド日経225(ミニ)〈愛称:上場日経225(ミニ)」です。

1単元が1株なので、1200円くらいで売買できます。

ETFのメリットはなんと言ってもリアルタイム売買。

売りたいときに売れるし、買いたいときに買える。

ただ、売買手数料がSBI証券の場合10万円以下で145円かかります。

まぁ、いいのか悪いのか分かりませんが、買うなら松井証券がお勧めですね。

松井証券なら10万円以下の手数料が無料ですから。

ホールド目的であれば、松井証券で買ってSBI証券に移管させる方が安そうですね。

松井証券からの移管の出庫手数料は無料でできるっぽいですから。

参考→松井証券

う〜ん、タダなんだ。

これって他の株でも、松井証券で買って使い勝手の慣れた証券会社移せばいいんじゃ・・・?

ETFミニを買ってみた
お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 11:00 | Comment(0) |   投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

投信で月15万の分配金

こんなタイトルみたいなことが出来たら最高でしょうね。

ちなみにこれがどれくらいのことか計算してみましょう。

当然、変動があるのは百も承知ですが、そんなことを計算していたらどこぞの学者でも無理なので、今の現状のままとして計算します。

私の保有する投資信託の中で安定して高分配なのがやはりリート関連。

中でももっとも保有暦の長いのがワールドリートオープン。

直近の分配金が65円(10000口当り)ですので、

150,000÷65=2,307

・・・

果てしない数字です。

1万口の基準価額が大体5,400円前後ですから、

2307*5400=12,457,800

1200万以上必要です。

絶対無理・・・。

複利の力を借りてもちょっと厳しい。



そういえば、昔ドラゴンボールで孫悟空が界王拳とかいって2倍・3倍とかやってましたけど、私にも使えるんだったw

FX拳レバレッジ2倍・・・3倍・・・・4倍・・・・・・・・・

う〜ん10倍でも120万か。

こりゃ先が長いな

でも、投信なら相続も出来るのが魅力なんですよね〜。

子どもたちに相続できれば、ますます進むであろう少子化に際して、経済的アドバンテージを残してやることが出来ますから。

やれやれ、富裕層への道は長く険しい。


お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 16:00 | Comment(0) |   投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

フィデリティ・USリート・ファンドが買い付け再開


新規買い付けが停止していたフィデリティ・USリート・ファンドが再開されました。

限度額1兆円を1.6兆円としての再開です。

このファンドは販売手数料も高めで、最初は悩んだんですが、今となってはお宝投信になっています。

このファンドも毎月分配型ですが、他のファンドと同じように分配金は受取ではなく再投資にしています。

以前の記事でも書きましたが、現在のところ税引き後で500円が切れるくらいの分配金で再投資されています。

再投資にかかる販売手数料は掛かりませんから助かります。

年間約6000円の分配金で、今が6000円ちょっとの基準価額ですから、結構面白いくらい増えつつあります。

希望では月1000円くらいの分配金になって、手出しなしで再投資掛けていければいいなと思っているのですが、いかんせん円安進行が想定より早すぎました。

まぁ、これも毎月分配の楽しいところです。

ちなみにこのファンド、AとBにスイッチングできるらしいですね。

それについてもいろいろと気長に調査中です。

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村



お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 17:00 | Comment(0) |   投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする