2013年06月04日

なぜ安いときに買えないのだろう??

今ってアベノミクスの恩恵で1年前には想像もしなかった円安株高。

ここ1週間ほどで円高株安になってきてるけど、それでも1年前に比べたら、まだまだ円安株高。

なのに、この1週間は思わず買ってしまうくらいの割安感。

たぶん1年前はもう少し下がるかなぁ、まだ高いかなぁなんて考えて結局買わずにいたはず。

今は、今のうちに買わなければ1年後はもっと株高になっているかもしれないと思う始末。

そう考えると、積立購入はとても効果的です。

ドルコスト均等法で高いときは少しだけ、安いときは多めに購入できます。

小額で積立を行うことで長期間続けることが出来ます。

この続けるという事はとっても大事。

なくなっても困らないお金で気づいたら利益が出ていたなんてことも実際にあり得る話。

投資の商品はいろいろあるだけに、どの商品が正解というのはないけれど、安いときには買えないというジンクスをカバーできる積立という手法をもう少し見直そっかな。

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 22:42 | Comment(1) |   投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ETF(ミニ)「1578」を買いました

先日買ったのが、1220円でした。

今日が1096円で1株購入。

取得平均が1158円になりました。

金額が小さいだけになんだか思いつきで買ってるような気がする。

とりあえず、日本株式の投資信託とか持ってなかったので、下がったら買うスタンスで購入をします。

それにしても、1日の10万円以下の取引手数料無料って、松井証券っていいサービス提供してるなぁ。 お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 13:07 | Comment(0) |   投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年05月29日

投資信託のこれからの計画

ちょっと前にも書いたネタの続きです。

徐々に高くなってきた投資商品。

もっぱら投資信託がベースの私ですが、今興味あるのが新興国のインフラ関係。

インフラは人が生活するうえでもっともベースになってくる分野でしょう。

世界の経済大国といわれて久しいこの日本ですら下水道の普及率75%です。

東南アジアを含め、世界の新興国はまだまだこれからです。

経済の成熟した先進国の株式というジャンルに投資したところで、それは単なる相場の上下です。

未熟な新興国には相場の上下は当然ですが、生活基盤になるインフラには絶対的な上向きの力がかかるはずです。(多分・・・^^;)

でも、前ブログからお付き合いいただいてる方はご存知かもしれませんが、HSBCインドインフラ株式オープンを設定まもなく買った私は、先ゆきに自信がなく早々と利確しました。

その後、安値は3000円台を確認しています。

未熟さゆえに世界経済に左右はされますが、ちょっとづつでも積み立てて置く事は親子2代というなが〜〜〜〜い目で考えたときには面白そうですよね。

いつか、先ほどの投信、積立買い付けした場合のシュミレーションをしてみたいです。

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 11:00 | Comment(1) |   投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする