2017年07月20日

FXのスワップ派の辛いとこ

kabu.png

少額投資って検索するとかなりの確立でヒットするFXですが、勝ち続けて相場に残ってる人はあまり多くない印象です。最近は為替やFXに関する情報収集とか、ブログの徘徊をしてませんので様子がよくわかりませんが、システムトレードやトラップトレードなんかも増えてきてますが、まだまだスワップ派という人達も少なからずいるかと思います。

FXは証拠金取引なんで確かに少額でトレードできるんですけど、スワップ目的で長期間保有するとなるとまた別問題です。

相場が急落してもポジションを維持するための資金をある程度保有しておく必要もありますし、いざその時が来たときは正直怖くて夜中に目が覚めることもありました。

よく豪ドルの場合の最安値はリーマンショックの時の55円というラインを目安にされてる人も多いような気がしますけど、実際には55円付近には大量のストップ売りが置かれてるでしょうから、一気に50円を割る可能性というのは全く否定できるものではなく、じゃあいくらを下限とするの?というのは神のみぞ知るレベルであります。

実際東日本大震災の時に米ドルは、ストップを巻き込みながら79円台と言われた下限を一気に突き破り、72円前後まで円高が進みました。あの時、ちょうどレートを見ていましたけど、本当に一瞬で何円という単位で落ちていき目が点、言葉にもなりませんでした。最終的には約1割強、余分に円高が進んだ計算になります。

そう考えると、豪ドルも55円からの1割で50円。さらには50円と言う心理的な数字を貫くことで更に1割。なんてシナリオも誰にも否定できる根拠を出すことは出来ないはずです。

それまでにスワップも貯まるから・・・とは言っても今のレートからそこまでの円高に耐えるためには何年も必要になりますし、ましてFXの場合は画面の表示に累積スワップが表示されるだけで、正に絵に書いた餅状態。

そう考えると追加入金できる資金が無ければ、今の豪ドルのレートであれば2倍程度を上限とするのが得策ではないかと思っています。

businessman_cry_man.png

真偽のほどは不明ですけど、リーマンショックの時にはここが底と思いながら買い下がり、多額のお金を消していった話とかが2チャンネルなんかでも残っているようです。

スワップ派は何年も掛けて僅かなスワップを画面の中で積み重ねます。損切りやロスカットをしてしまうと、何年も掛かったものをすべて失ってしまいます。預け入れたお金と積み重ねてきた時間を同時に失うので、正直心が折れます。

FXは少額というイメージが付いて回るのですけど、実は米ドルであれば112円×1000USDで、11万2千円の外貨を動かしていることになりますので、そのことを忘れない範囲で取り組みたいものです。

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 12:29 | Comment(0) |   FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月16日

FXの豪ドルスワップ運用に終止符

kabu.png

FXのスワップ運用への疑問が最後は自分の中で解決できず、豪ドルポジションを決済しました。

レバレッジを掛けておくと計算では5%を超える利回りすることも可能になるんですけど、それって表面上であって、暴落した時の臨時入金するために費用を確保しておくと、結局FX口座に入ってるかどうかの違いであって、レバレッジを下げるだけのお金が必要になります。

普通なら、「そういうときには損切りという選択をするんだよ」って言う人もいるでしょうけど、スワップ運用している人にとって損切りって基本的に想定してないですよね。

長い時間を掛けて貯めてきたスワップを捨て、さらには差損も生じますから。

なので、スワップ運用をするのであれば

「低レバ運用、損切りなし」

逆を言えば、「損切りしなくてもいいレバレッジでスワップ運用をする」と言うのが鉄則だと思います。

そこで生まれる気付けばFXの豪ドルスワップが全然高利じゃ無くなったというこの問題と、年利2%くらいなら、それくらいの配当利回りの株はいっぱいあるという現実。

スワップ運用の出口戦略とか、スワップだけでは複利運用が難しいなど、自分の中で悩みに悩んで、結局SBIFXトレードで持っていた豪ドルのポジションをすべて決済しました。

最終的にはスワップはもちろん、差損も生じることなく終われたので満足。

ちなみに決済した数量 平均86円台、2,850AUDをレバ1.2ぐらいで運用してました。もう少し上げてても良かったとは思いますけど、70円台、60円台になったときに仕込みたかったので。

その資金はほぼ・・・

ポイントサイト「ハピタス」からの換金のお金。

20万近いお金をハピタスさんからお金で運用してました。今後このFX資金は外貨用資金として米国ETFで運用して行こうと思ってます。

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 10:20 | Comment(0) |   FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月10日

気付けばFXの豪ドルスワップが全然高利じゃ無くなった話

SBIFXトレードで積立ててた豪ドル。

基本的に完全放置するため、80円の時レバ1.5倍、70円でレバ2倍くらいの運用でした。

レバレッジに関しては、時間を掛けてスワップを貯めたつもりがロスカットで消えることを思えば、今の現状でレバの掛け方が間違ってたつもりもないし、むしろ下がった時に買ポジションを増やすことが前提だったので、わざと低めに設定してたんだけど、改めて今どれくらい?って計算し直してびっくり。

<試算>
1AUD=83円(仮) スワップが1000AUDで4.1円の計算

1000AUD=83,000円
4.1円×365日=1,496.5円
1496.5÷83,000円×100=1.80%

ざっくり単純計算だけど。レバ2で運用しても3.6%。

あら??

今更だけど、これってFXとしてポジションを持ってる価値あるんだろうか?

豪ドルは去年ぐらいに金利がバタバタと下がって、スワップも低くなって来てたのは知ってたのですが、豪ドルって高利っていうイメージが先行してちょっとおろそかになってたなぁ。

株式配当でも3%とかって事考えると今の現状はあまりにもローリターン。

何より、FXのスワップ運用って出口戦略がすごくあいまい。

レバレッジは自由に変えられるんだから、満足するまでレバ掛ければいいじゃん?という突っ込みはなしで、あっさり全部決済して米国ETFにでも変えちゃおうかなぁ

決済するのは簡単だから、もう少し考えよ。

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 21:49 | Comment(0) |   FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする