2017年06月19日

持ち家は持ち家で、賃貸は賃貸で・・・

自宅を新築してこの冬で10年。

いろいろありました。

・・・どこの家庭もでしょうけど。

さて、10年が一つの区切りでメンテナンスの時期です。

持ち家の場合、こういったメンテナンスとか、固定資産税とか、もちろん金利が掛かるから賃貸の方が生涯で考えて安い・・・と言われる賃貸派の方も相当数いらっしゃる事は周知の上ですが

私・・・

持ち家派
です。

myhome_family_kengaku.png

車とか別にいい車とか乗りたいわけじゃないし、外食でおいしいもの食べたいとかありません。

服だってしまむらやユニクロで平気。

最近じゃ「ユニクロって贅沢じゃない?やっぱGUでしょ」って人もいるかもですけど、確かにユニクロ高くなったですね。

ユニクロは昔から安物のイメージだっただけに、中途半端に高くなると買う気が失せる。

なんだかんだ言って、生涯収入のなかで何にウエイトを置くかだけだし、賃貸で家賃のほうが安いと言いながら車とかにお金を掛けてたら結局老後の生活資金って変わらないと思うんで、老後も働かないと住むところが無い、ってことになりかねません。

働くのが嫌なわけじゃないけど、死ぬまで住むところのために働くのはちょっと・・・

ま、ま・・・これらの意見にはもちろん反対の人もいるわけで、この話はこれくらいにしておきます。

基本的に「持ち家派VS賃貸派」の戦いに終止符というものはないと思ってます。

さて、持ち家派にはどうしてもついて回るのが家のメンテナンス。

特に外壁のメンテナンスは出費が大きいだけに、ためらうところ。

でもこれを渋ると将来的に更に大きな出費になりかねない・・・

うちは、外壁がモルタル吹付け、屋根がコロニアル。

屋根が瓦なら塗装の心配はないんだけど、コロニアルはコストが安い反面、塗装などのメンテナンスが掛かり、家のライフルサイクルコストで言うと瓦とあまり変わらない、という認識です。

後は足場。

足場は全く家の耐久性には関わらないのに、どうしてもついて回る費用です。

塗装については劣化しにくいものはもとより、光触媒で汚れにくいもの、遮熱効果のあるものなどなど、塗料自体が年々進歩しています。

実際どこまで違うの?と言われると「???」ですけど、もちろん実験などしてからの結果でしょうけど、一番大事なところは実感できるかどうかですよねw

まぁ〜そんなわけで、家の外壁メンテナンスの記事をたまに投下してみたいと思いますので、「時期がちかいんだよね」って人は参考にしてみちゃってください。

工事は今年か、来年か、はたまた再来年かわかりませんけど、塗装のこととかも調べてみたいと思います。

工事代は現金支払いのつもりですけど、お金をテーマにしたブログですので、金融機関から借り入れた場合なんぞも検討してみたいと思います。



お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村

posted by たなぼた at 22:10 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: