2017年07月14日

やっぱり金融機関との交渉は面白い。住宅ローンの見直しは気軽に相談して交渉材料にすべし。

house_omoi_loan.png

今回のリフォームローンの相談とか、以前行った住宅ローン金利の見直しとかで感じたことは、交渉するのって面白いってこと。

多分お金の数字を見るのが好きなんですねww

もちろんそのためには他行での比較資料も準備して、交渉している理由とその根拠を持っておく必要はあるでしょうけど。

リフォーム融資の話自体は「やっぱり手持ちのお金でするかもしれません」って伝えると、「あ〜そうですか・・・」とがっかりしたような反応。

銀行はお金を貸したがってるということを感じました。





ちょっと古い話になりますけど、新築当初に借りていた銀行さんも、「今度借り換えするんで、手続きしたいです」って伝えたら、「えっ?」って驚いて、金利面のこととか仕切りに聞いてきました。

信金さんからも、「今の銀行さんに借り換えの事は直前まで黙っておいてくださいね」と度々念を押されたので黙ってことを進めてました。

この時は複雑なことになったら困ると言う思いがありましたし。

で、いよいよ審査関係も済んで融資実行間際、銀行さんへ借り換えの手続きに行ったら「言ってくだされば、社内稟議上げて、金利の見直しをすることも出来たんですけど」だと。

信金さんも、自分のところの金利次第で、相手が下げてくる事はわかってたみたいですね。

私にとっては既に借り換え直前で交渉の余地も無く、言われるままに借り換えを済ませたんですけど、保証料のこととかも今のほうが有利に働いてくれたんじゃないかなって思います。





どちらにしても、若干底打ち感もありますけど、今はマイナス金利のおかげで住宅ローン金利は超低利。

銀行のATMのとことか、住宅ローン相談会とかいった広告なんかを是非一度利用して試算してもらうといいと思います。



お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村

posted by たなぼた at 18:49 | Comment(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: