2017年05月09日

SBI○○で外貨積立を細々と500円から設定してみました

リーマンショック以降、ドルはダメだ、ドルの次はユーロだ、いや元だ・・・

なんてことも言ってる経済評論家とかサイトとかありましたけど、さすが米ドル強いです。

まぁ、なりふり構わず金融緩和して自国だけを守ってきた感は正直否めませんし、トランプさんの自国第一政策もえげつない気もしますけど。

america_daitouryousen_man.png

さて、アメリカの株高なんか見て、やっぱり将来にわたっては米株だ・・・と感じているひともいるでしょう。

と、私のことですがww

ただ、正直リーマンショック以降FXなどで経済ニュースを見てきて感じるのは、なんだかんだ言って世界の中心的存在だなってこと。

アメリカ株で定評のあるのはマネックス証券。

SBI証券もマネックス水準に手数料とか下げて食らいついてますけど、銘柄なんかが圧倒的に多いみたい。

正直銘柄多くても、日本株ですら自分で銘柄選定できないのに必要ない。

むしろ入金のこととか考えるとやっぱりSBI証券の方が良いと思います。

それはSBI銀行の外貨預金。

よくFXと比較されて為替手数料が高いだの、金利が安いだの言われますけど、FXの通貨では米株は買えないので。

元に戻ってSBI銀行の外貨預金。

こちらは為替手数料が1ドル当たり15銭

普通にSBI証券で為替取引すると25銭

マネックスも同じく25銭


SBI銀行で500円と言えどドルコストで米ドル購入。
   ↓
SBI証券へ外貨入金して外貨MMF
   ↓
一定にたまればアメリカのETF購入


アメリカ株は日本の1単元という概念と違って1株単位らしいので。

ま〜端株も含めて、私のしていることって稼ぐと言うレベルの話ではないですけどね。

どちらかと言うとただの趣味の域ですが、外国株は株の値動きだけでなく、為替変動によっても損失(利益)を受けますから、外貨はなるべく安く購入できた方が良いかと。

外貨積み立ては「毎月」「毎週」「毎日」と選べるので、それなりに余裕があって米株に手を出そうと思う人は、ドルコスト法のつもりでSBI銀行の外貨積み立てを利用してみても悪くないんじゃないかなって思いました。




お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村

posted by たなぼた at 21:15 | Comment(0) | 投資商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: