2017年04月13日

MVNOのトラブル増加

以下 YahooNewsより引用


いわゆる「格安スマホ」に関する相談が増えているとして、国民生活センターが注意を呼びかけた。

 「格安スマホ」は、MVNOと呼ばれる事業者が大手キャリアから回線を借りて提供しているもので、利用料金が安いのが特徴だが、昨年度、国民生活センターに寄せられた相談は1045件と、前年度の2.8倍に急増している。特に、「問い合わせ先が電話窓口しかなく、つながりにくい」「修理期間中に代替機の貸し出しサービスがない」などの相談が多いという。

 国民生活センターは、今まで契約していた携帯電話会社と違う点があることを理解して利用するよう呼びかけるとともに、業界団体に対し、契約時にはより丁寧な説明をするよう要望している。


internet_online_kessai.png
ネット検索で、「MVNO 契約者推移」と検索すると、いろんな情報がでてきますが、2016年3月末のデータでは539万件、2017年3月末では820万件にも達するのではないか?という情報も。

2015年3月には326万件程度だったことを考えると、分母がそれだけ増えてるんだから、当然トラブルも増えるのは当たり前で、トラブルの件数だけで○倍というのはどうかと??

最近では別料金で端末の保証をしてくれる制度も出来てますから、上手に利用してみるといいです。

例を挙げるとLINEモバイルでは月額500円で他社購入端末も保証してくれます。(1回目4000円)



少なくとも、格安SIMの利用者が他人に相談された時には、安くなる反面そういったデメリットもあることを教えてあげる必要がありそうですね。




お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村

posted by たなぼた at 20:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: