2016年08月14日

住宅ローンの金利見直しの比較結果

返済予定表を改めて見直しみたのでまとめてみたいと思います。



見直し前 金利1.9% 
支払額は 51,427円 元金・利息の内訳は下記の表となります。

2016年9月 35,983円 15,444円


元金が約36,000円に対して、15,000円以上の利息を払ってます。

見直し後 金利1.4% 
支払額は49,118円 元金・利息の内訳は下記の表となります。

2016年9月 37,740円 11,378円

利息が4000円以上減りました。



見直し前の10年固定期間は32年の8月までと、ほぼ4年を残していましたので、単純計算して、

4,000(円)*12(ヶ月)*4(年)=192,000(円)

ボーナス払いも併用しており、こちらは1回当たり約6000円の金利圧縮となっています。

6,000(円)*2(回)*4(年)=48,000(円)

締めて24万円分の金利を圧縮できた感じです。

たった4年でこれだけの違いは大きい・・・

手数料32,400円掛かりましたが、余りある効果ではないでしょうか??

融資期限の関係で、月の支払いが2000円減って、元金が2000円余分に支払われると言う形にはなっていますが。

次は、借り替えたらどうだったのか?ということをまとめてみたいと思います。
借り換えとの比較はこちら




お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村

posted by たなぼた at 17:44 | Comment(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: