2014年05月30日

NISAはどう使うのが正解かな?

先日NISA枠を使って、日経平均レバレッジ上場投信(1570)を売買したわけなんですが、「NISA枠をすぐに売るのはもったいないんじゃないの?」とご指摘をいただきました。

そこで、「ハッ」としたわけなんですが、私はむしろNISAって短期取引に使うもんだと思ってました。(長期に向かないという意味で)

というのが、以前このブログでもNISAの落とし穴みたいな感じで記事にしてたことがありますが、NISAで塩漬けを作ってしまうと最終的に課税対象の可能性がある。

それならあっさりと短期売買とは言わないまでも、NISA口座の中で利確して完結させる方がベターという結論を勝手に自分の中で作ってました。

すでに口座の乗り換えが毎年出来るようになったりとか、後出しじゃんけんのように徐々に制度が変わりそうな気もしますが、どうなりますかね。

とりあえず、NISAから特定口座に移行した際の値洗いを改正してもらわないと、私は気長に使えないかなぁ

ま、他にもあるんですけどそれはまたの機会に。





お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村

posted by たなぼた at 12:41 | Comment(2) | NISA(ニーサ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>NISAって短期取引に使う

なかなか面白い戦略ですね。

5年の時間は確かに味方になるかどうか微妙です。
スパッと短期決戦で勝負するのもありかもしれません(*^_^*)
Posted by しらいゆうき at 2014年05月30日 20:21
たなぼた様
私もNISA内で適度に利確しておくべきだと思います。
塩漬けになり特定口座への強制移管で課税されたら最悪ですしね。
Posted by ジン at 2014年05月30日 20:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: