2016年02月16日

持家派・賃貸派どっちが得か?私の中で決着

不動産投資に関して気になるのは、持家と賃貸のどっちが得かという議論。

持家派は税金や修繕費、ローン金利や災害時にどうたらこうたらというデメリットがあるのは百も承知。

生涯の住居費にかかわるお金だけだったら多分賃貸・・・かもしれない。

先日50代の人と思われる方のブログを読んでて、同窓会かなんかで「みんな住宅ローン終わったから住むとこには困らんね〜」みたいな記事を読みました。

今住宅ローンを抱える我が家にとっては、とってもうらやましく思ったんですけど、持ち家派の私としては「やっぱりそうだよなぁ」って思いました。

なので、賃貸でも持家派より結果住宅費が安く済んだ分をきちんと確保しておかないと、老後の生活費に住宅費が間違いなく重荷としてのしかかるわけです。

えー.jpg

そうでないと、今現在の年金額では生活はできるけど住居費が足らない、住居費を払うと生活費が足らないという事が発生しかねない、と言うより多分そうなる。

その時の年金額が今の水準より低下している可能性の方が高いわけですし、先日安倍さんも気になること言ってましたしね。

よく、貯蓄するためには先に手元から貯蓄に回しておくという先引きの方法を利用しますが、賃貸派の人はこのことを踏まえてしっかり貯蓄しておくことをお勧めします。

じゃぁ、実際どちらが得なんでしょうか。

私の住んでる方では、よく(ボーナス併用で)家賃と同じくらいで家が買えるとかチラシが入ってたりします。

私は持家派なので良く興味深く見てるんですけど、だいたい期間や金利次第ですが、最低でも借入の1.5倍くらいは払うことになるでしょうから、2000万借りると3000万は払うことになりそうです。

それだけのお金を出すのならと賃貸を選択される人が多いのも一つです。

でも、不動産投資に興味を持っている持家派の私がどちらが得かと聞かれたら、間違いなく賃貸を推しますね。

だって、入居者がなければ成り立たない投資手段ですから。

実は、賃貸派を煽るコラムを書いている人って実は不動産オーナーだったりして。

なので、個人的判断としては、「安心感からは持家、継続的に安定した収入のある人や計算上では賃貸」

将来的に住むところがあるという安心感が欲しいから自分は持ち家派でいいや。

まぁ、転勤の有無やライフスタイルによってもどちらが得かは変わってきますから、ネットや雑誌の情報を鵜呑みにせず判断されますように。




お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村

posted by たなぼた at 22:33 | Comment(3) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほどぉ。
言われてみれば賃貸派のコラムは不動産オーナーが書いてる気がしてきました!
ちなみに私は公営住宅派ですw
持家派と賃貸派の論争に公営住宅が入って来ないのがいつも不思議だったんですよね〜。
だってローンも税金も修繕費も背負うことなく安く住めて、高齢を理由に追い出されることも無いんですよ〜。素敵過ぎ!
高収入だと入れないというデメリットがあるんでしょうが、老後にそんなに稼げるお年寄りって多くないでしょうしね。
(確実に私は入居基準クリアできそうw残念ながら。)
Posted by 沙羅双樹 at 2016年02月17日 00:03
ローンを組まずに家を買うのなら持ち家が絶対有利です。
1000万とか2000万円くらいならかき集めれば何とかなるでしょ?
Posted by トッドギネス at 2016年02月17日 10:50
>沙羅双樹さん
はじめまして。なるほど、公営住宅ですか。
>高齢を理由に追い出されることも無い
確かにそうかもです。民間なんかは高齢だと少なからず嫌うとこあるでしょうから。

>トッドギネス
はじめまして。
実際に「ローンを組まなければ・・・」という人はかなり限定されそうですね。まぁ、人それぞれ性分があるでしょうから、最終的に「賃貸VS持家」と言う論争に決着は付かないのかもです
Posted by たなぼた at 2016年02月20日 21:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: