2013年08月18日

NISAの落とし穴〜損したのに課税される〜

最近、やったらめったらNISAの落とし穴として記事を書いてます。

一つの問題提起として自己満足に記事にしてます。

以前も今のままじゃNISAやばいでしょって記事を書いてたんですけど、今回はわかりやすく図解入りで…。

NISA落とし穴.PNG

一番左のオレンジの部分がNISA口座で購入した時の価格。

真ん中の赤の部分が移管時の価格。

一番右で緑部分が移管後の価格回復時の利益に該当する部分。

前回の記事でも書いたようにNISAから特定口座に移行した際には値洗いが行われ、本来の購入価格は意味をなさなくなります。

その後7000円で売却すると本来3000円の損失で課税されないはずなのに、2000円の利益とみなされて約20%課税されるというわけです。

逆に、移管時に購入価格が上回っている場合は下の様になります。

NISA落とし穴2.PNG

本来課税されるべき利益にも非課税というおかしな現象が発生します。

たとえば、移管される時期はある程度決まってるわけですから、そのころに政府のそれなりの人が「日本国債ってやばいよね??」とか「法人税上げちゃおっかな??」みたいな日本の株式市場に不安を与える発言させて意図的に株価とか下げて、その後は「そういう意味ではない」とか言って平穏を装っておけば全員から税金徴収出来ちゃうってことですもんね。

NISAの先行的なイメージアップで貯蓄から投資の流れを作ってるのもそのせい???

実は金融機関には獲得顧客数に応じて国からキャッシュバックがあったりとか??

実はそのためにこの大穴をあけてたりして。

まさかそんな事はないと思うけど、なんか怖くなってきた(笑)

まだ開始までは時間があるから、改善されれば1月から早速使いたいと思います。




お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村

posted by たなぼた at 13:49 | Comment(0) | NISA(ニーサ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: