2017年06月25日

端株の売買を少々

自分用のメモ代わりを記事にして申し訳ないです・・・

kabu.png

昨年から2回に分けて購入した 2169 CDS

1039円で15株、1020円で10株 計25株持ってました。

平均買い付けは、1,031円だけど、手数料が掛ってるんでもう少し高かったはず。

こちらを1426円の時売却。

多分、私が売ったからこの後も上がるはずww

利益としては9000円ぐらい。

CDSは

自己資本比率も70%超
ROEも予14%
有利子負債も少ない

財務的にも優良企業とはいろんな人のブログで知ってましたけど、クレジットデフォルトスワップという負のイメージから手を出すまでに時間が掛かりました。

まぁ、結果論としては売ってしまったのですが。

もうひとつは、9386 日本コンセプト

1097円で15株購入しており、1347円で売却。

4000円切れる感じの利益。

日本コンセプトは6月末:2,000円相当の商品カタログから1品選択(熊本・大分の名産品)と1年保有が条件で12月末に1,000円相当のオリジナルQUOカードがもらえます。

実は東証2部銘柄という事もあり、長い目で優待狙い兼1部への昇格を狙ってました。

自己資本比率 48.9%
ROE 予16.9%

と、保有し続けても面白い銘柄だとは思ってたんですけど、なんとなく買い足していく、保有を続ける自信がなくて一旦売り。また1000円台くらいまで下がってくれば買ってみようとは思ってます。

売ったのはこの2銘柄。

こちらの利益をほぼ使って購入したのが 6197 ソラスト

人材派遣の会社なんですけど、

配当利回りが約3%
ROEが25%
自己資本比率43%

と、なかなか面白そうです。

今回1450円で10株の打診買いというところですけど、1400円を切るあたりから気にしておこうと思っています。


端株は手数料が掛かったり、取引時間が限定されたりしますけど、いろんな銘柄を持ちたい人にはありがたい制度でして、未単元株と言えど、つもり積もれば単元株として売却することや、優待を受けることが可能です。

ただ、端株の間は優待を頂くこともできず、優待+配当で高配当の銘柄を持つか、配当金は単元・未単元関係ないので優待を諦めて配当のみで高配当の銘柄を持つか悩みどころです。

私の場合は資金が基本的に足りてないので、優待を諦めて配当のみで高配当銘柄を狙ってます。

あと、検証された方のブログとか見た事ないんですけど、保有期限による優待の場合、端株保有の間も株主番号というのがありますから、保有期限が設定されてる銘柄の場合、「端株で持っておいて長い目で買い足していったら優待がすぐに貰える」という裏技があるかもしれません。

こんな単元未満株ばかりでも、昨年は1万円近い配当金を頂けましたから驚きです。なので、今年は昨年以上に配当が貰えるよう、投資金額を上乗せしていきたいと思います。
お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 17:22 | Comment(0) |   端株投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

端株でも配当金は貰えます〜ハードオフコーポレーション〜

ハードオフから配当金をいただきました。

1株当たり40円で5株保有。

NISA口座ですから課税無しの200円の入金です。

ハードオフ.jpg

ハードオフ株価.png

6月22日の終値で1148円、配当が40円ということで、配当利回りが3.48%にもなります。

2016年の1月ごろには1600円近かったこちらの株価ですが、1148円と株価低迷中という印象です。

ですが、5年チャートで見る限り5年ほど前は5〜600円ぐらいだったことを考えると、むしろアベノミクスで1600円まで引っ張り上げられたという印象を受けます。

いろいろ考えても、買ったら下がるヤツのいうことを鵜呑みにしてもらっても仕方ありませんが。

以前、SBI証券での端株手数料のことを投稿していますが、5株で1140円ぐらいですと、割高の手数料が取られているということになります。

  端株+端株+・・・=単元株

昨年の暮れにバタバタと入金された配当金の額が5872円となり、その資金でこの銘柄を購入しました。

似たような会社ではご存知、ブックオクがありますが、会社自体は全くの別組織です。

こちらのハードオフは

自己資本比率 85%
有利子負債 0

と財務状況も優秀ですので、今後値が下がることがあれば買い増して行きたいと思います。

今後のリサイクルショップの展望ですが、根本的にリサイクルショップには一定のニーズはあると思ってます。

一時期は私が住む街にも個人事業主的なリサイクルショップが溢れてました。

しかしながら現在ではそういったリサイクルショップはほぼ撤退し、GEOが経営するセカンドストリート1店のみになってしまいました。(ブックオフ除く)

個人型ですとどうしても買取や展示に限界があるのか、行っても目新しい物もない、薄汚れた商品が多い、客がいないから入り辛いというのがあったんですけど、大型リサイクルショップですと、まず一番に店舗に入り辛いということはありません。

全国チェーンで展開してるし、店も大きく展示しているものもそれなりに揃ってますし、時間つぶしに行ってみようという気分にもなります。

「捨てるより売る」という概念や、給料が上がらないという現実の中、今後もこういった業態はなくなる事はないと思いますから、おかしな評判が広がらない限り、それなりには推移してくれるんじゃないですかね。

あと、近年ではカンボジアのプノンペンやハワイにも出店し、海外進出の準備をしているようです。

日本では「今後まだまだこれからも延びる」というイメージは沸きませんけど、「もったいない」という言葉が世界で認知されたように、カンボジアを始めとする発展途上国ではある程度受け入れられるかもしれませんね。



お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 15:00 | Comment(0) |   配当金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

自宅の外装のリフォーム、塗り替えの見積りを依頼してみた

先日思いついて、早速見積もりの依頼をしてみました。

まず一番に、「どこへ見積もりだすの?」っていうところが一番億劫なところなんでしょうけど、

私・・・

建設業界で働いてます・・・

なので、塗装の業者さんとかも普通に付き合いがあります。

電話一本で・・・「手が空いたときに寄ってもらえません?」って言って来てもらって、図面を渡しておしまい。

建設業界の人と付き合いが無ければ、家を建ててもらったハウスメーカーとか工務店。あとは一生懸命営業で回ってるリフォーム関連の業者さんもいらっしゃいますので、声を掛けてみても良いかも。

あと選ぶ基準で言えば、工事期間中は足場に会社の宣伝のために会社名の入ったシートを掛けてるケースが多いです。ちょっと意識したら、結構頻繁に目にしたりしますから、よく見る会社だったらちょっとは安心ですよね。足場がとれたら外からでも見せてもらうとか。

口コミサイトとかも無い事はないですけど、塗装業者を網羅することなんて不可能だし、評判の悪い塗装業者さんが、評判のいいリフォーム会社の下請けで仕事をしてた なんて事は普通にありえることです。

sagi_reform.png
△こんなこと想像したら飛び込みでくる業者さんに二つ返事で「お願いします^^」なんて言えませんもんね。

どちらにしても、業者選びって難しい問題なので、建ててもらったところに相談するのが一番安全かもしれません。ハウスメーカーとかの経費が乗るんで高くなりがちですけど。

後は相見積りを取るとか。しかも見積り依頼するときには予め、「よそにも見積りお願いしてるんですけど、見積もり頂けます?」と言うのを伝えておくと、断る時も断りやすいですし、単価交渉の時にもこちらが金額の基準を知ってるわけなんで、金額交渉しやすいと思います。

まぁ、うちの見積もりをいくらでくれるかわかりませんけど、いずれは必要なメンテナンスなんで、金額だけでも押さえておけると後々予算もたてやすいですからね。

よく考えたら、ハウスメーカーも新築で建てたときとか売ったときに、そういう費用に関するところの見積りをくれればよくないですか?

もちろん、建てた時と10年後の値段なんて変わるかもしれませんけど。

ついつい構えちゃうよね。



それにしても話は変わるけど、最近全国的に増えてる分譲マンション。

あれの修繕積立費って分譲の時の設定額で足りるんですかね?

以前は見た目の支払いを押さえるためにワザと安めに設定していたりして後々足りないというトラブルになった話とか聞きましたけど。

43%のマンションで修繕積立金が不足する


最近はそれなりに計算して設定してるんですかね?

足りなくて追加修繕費とか徴収されたら、現役世代はまだしも定年後にはきついですよね。

分譲って結構同じ世代の入居者多そうだし、その時の経済格差でそう・・・。

お暇なら応援クリックお願いします(*´-ω-))ペコリ

にほんブログ村



posted by たなぼた at 17:05 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする